• 道内最大級の映画レビューサイト

喧嘩上等のOL世界『地獄の花園』5月21日公開 作品レビュー

作品レビュー

真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたち。 花園のようにも見える華やかな彼女たちの世界では、実は裏で地獄のような覇権争いが行われているーー拳(こぶし)で。 日本中のOLが抗争を繰り広げる壮大なストーリーをオリジナル脚本で手掛けたのは、お笑い界の鬼才バカリズム。その世界観を唯一無二の映像美で表現するのは、Perfume 、サカナクション、星野源のMVを手掛ける関和亮監督。普通のOLライフに憧れる主人公・直子には、今最も若い女性たちに支持を集める女優・永野芽郁。 <地上最強のOLに成り上がれ!>喧嘩上等空前絶後のOLバトルロワイヤルが始まるー

ストーリー

普通のOL生活を送る直子(永野芽郁)の職場では、裏で社内の派閥争いをかけOL達は日々喧嘩に明け暮れている。ある日、一人のカリスマヤンキーOLが中途採用されたことをきっかけに、全国のOL達から直子の会社は狙われることに。テッペンをかけた争いから直子は平穏無事なOLライフを全うすることができるのか!?

作品レビュー

脚本バカリズムの本作は笑いながらヤンキーOLの世界を楽しみ、ストレス解消できる超スッキリした映画。ヤンキー漫画では男子高校生モノが一般的だが、本作『地獄の花園』では一流企業や商社のOLたちに、カタギOLとヤンキーOLの2種類が混在している。主人公のカタギOL・直子(永野芽郁)の社内でも部署別でヤンキーOLの派閥があり、裏では喧嘩抗争が頻発していた。

そんな中、ガチで喧嘩が強いカリスマヤンキーOLの蘭(広瀬アリス)が中途入社したことから社内の力関係に変化が生じてくる。さらに蘭の喧嘩の強さの噂が全国に波及し、やがて他社の武闘派OLたちと喧嘩バトルが始まり、地上最強のOLと成り上がるため闘いの火蓋が切られるのだ。


見た目も派手ヤンキー女子で、洋服のセンスも悪く喧嘩好きなOLたちが、社内でお茶くみや、コピー取り、電話応対とテキパキ仕事をこなすが、裏では喧嘩上等なのだ。そのありえない意外性が面白い!

映画の冒頭からゲラゲラと笑ってしまう漫画みたいな話である。ヤンキー漫画は昔から数あるが、女子版で武闘派OLヤンキー漫画は存在しない。さらに喧嘩が強い方がヤンキー女子ヒエラルキーで尊敬されるところも、実社会とは真逆で笑える。


ヤンキーOLで印象が強いのは、直子の会社社員で通称“悪魔の朱里”役の菜々緒。ヘアスタイルはコーンロウと強そうなアイライン、パンチのある強烈なルックスは、菜々緒史上今までにないキャラクターだろう。

さらに”狂犬紫織”役の川栄李奈や、”大怪獣悦子”役の大島美幸と、個性的なキャストがヤンキーOLを演じる。そしてカタギの平和OLの主人公・直子にも実は人に言えない秘密があるのだ!


ビックリする見た目の一部上場企業OL役を演じた、遠藤憲一や勝村政信がヤンキー女子役として登場し、派閥争いとプライドを掛けての勝負となっていく。男優が演じるヤンキーOLだが、特に遠藤憲一が演じる”魔王赤城”のミニスカート姿が美しく愛らしい。

OLヤンキーたちは、喧嘩で怪我をしても仕事は普通にこなすし、社内でカタギ虐めも無く、派閥闘争以外は平和で良いなぁ~!と思ってしまう。
1年以上も続くコロナ禍やソーシャルディスタンスに疲弊した今こそ、『地獄の花園』で思い切り笑ってストレス発散がオススメだ。

予告動画

『地獄の花園』5月21日公開

脚本:バカリズム(向田邦子賞、ギャラクシー賞受賞)
監督:関和亮(サカナクション「アルクアラウンド」文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞)
出演:永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、勝村政信、松尾諭、丸山智己、遠藤憲一/小池栄子
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 102分
公式サイト

2021『地獄の花園』製作委員会

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!