• 道内最大級の映画レビューサイト

【るろうに剣心 最終章 The Final】4月23日公開 作品レビュー

作品紹介

日本映画の歴史を変えたエンターテイメントの頂点として君臨し続ける、アクション感動大作『るろうに剣心』シリーズ。2012年8月25日公開の『るろうに剣心』(最終興行収入30.1億円)、2014年8月1日公開の『るろうに剣心京都大火編』(最終興行収入52.2億円)、同年9月13日公開の『るろうに剣心伝説の最期編』(最終興行収入43.5億円)、シリーズ累計の興行収入は125億円以上、観客動員数は980万人を突破!2021年、遂に『るろうに剣心』シリーズが、完結する――。 誰も体感したことのない迫力ある超高速アクションと、エモーショナルに描かれる人間ドラマは、日本だけでなく世界中を熱狂させ、北米、イギリス、香港、韓国、台湾、フィリピンなどヨーロッパ・アジア諸国を含む世界100ヶ国以上で配給、世界50以上の国際映画祭に出品され大絶賛!
『るろうに剣心最終章The Final/The Beginning』が、それぞれ2021年4月23日(金)、6月4日(金)より2作連続で全国ロードショー!

ストーリー

かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられた緋村剣心だが、新時代の幕開けとともに、斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち穏やかな生活を送っていた。最狂の敵・志々雄真実が企てた日本転覆の計画を阻止するため、かつてない死闘を繰り広げた剣心達は、神谷道場で平和に暮らしていた。しかし、突如何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及ぶ。果たして誰の仕業なのか?

何のために?それは、今まで明かされたことの無い剣心の過去に大きく関係し、決して消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。そして、これまで語られることのなかった<十字傷>の謎に迫る「るろうに剣心 最終章 The Beginning」へ続いていく。動乱の幕末期と明治維新後の新時代の2つの時代を通して描く!2つの作品を通して描かれる「るろうに剣心」史上最高のクライマックス。「るろうに剣心」のすべてがここにある――。

作品レビュー

ファン待望の続編が2021年春に満を持して公開となる。12年公開の第1作、14年公開の第2・3作から随分と時が経過したが、弥彦以外の主要キャストは続投となり、新たな敵役として新田真剣佑が加わったことで、より深みのある最終章が完成した。

少年ジャンプの人気漫画【るろ剣】の実写版として、原作ファンを唸らせるダイナミックなアクションと原作に忠実な描写は、この最終章にも受け継がれている。
前作より更にスケールが大きく、それぞれの感情のぶつかり合いと、スクリーンから溢れる闘志とアドレナリンに飲み込まれるような感覚を覚える。

シリーズのエンディングとなる本作は【人誅編】であり、6月公開予定の剣心の過去を明かす【追憶編】(The Beginning)へと繋がっていく。最終章 The Finalを鑑賞後は、The Beginningを観たくなるようにセッティングされているようだ。

物語は前作【伝説の最期編】の後、神谷道場で平穏な日々を過ごしていた剣心たちだったが、突然何者かが東京を攻撃する。大規模なテロ的人誅は、剣心と周囲の人々を標的にしたものだ。人誅の首謀者は中国大陸から現る雪代縁(新田真剣佑)。剣心の人斬り時代と頬の十字傷の理由を知る雪代緑は、人斬り抜刀斎の過去を持つ剣心の因果応報が生み出した、最恐最悪の敵であった。

登場キャラクターが個性豊かなバトル・アクションと、怨恨での報復攻撃という、少年漫画のセオリーが詰め込まれた本作では、相楽左之助( 青木崇高)、高荷恵(蒼井優)、斎藤一(江口洋介)、巻町操(土屋太鳳)、四乃森蒼紫(伊勢谷友介)、瀬田宗次郎(神木隆之介)らが登場し、主人公の緋村剣心(佐藤健)を中心にした、ハイブリッドなアクションシーンが満載である。

主要キャストの中では、神谷薫役の武井咲が女優として目覚ましい成長を遂げ、第一作目と比較するとその活躍ぶりが判るはずだ。
剣心の亡き妻・巴役として有村架純が登場。The Beginningの重要な役どころとして伏線を張っている。

最恐の敵・雪代縁には新田真剣佑。非情なボスキャラとしてラストは緋村剣心VS雪代縁の闘いとなっていくが、佐藤健に負けない身体能力の高さと繊細な演技を魅せてくれる。

激しい闘いの中で剣心と雪代縁の悲しみや切なさに触れ共感できるシーンがある。恨みや復讐心からは結果的に何も生まれない。過去は現在にとって学びでしかないことを知らしめてくれるようだ。
登場人物たちの変化や成長を感じるため、ぜひ前作を再鑑賞し復習してから劇場へ行くことをお勧めしたい。

予告動画

るろうに剣心 最終章 The Final  4月23日全国で公開

キャスト: 佐藤健  武井 咲  新田真剣佑  青木崇高  蒼井 優  伊勢谷友介  土屋太鳳 /三浦涼介 音尾琢真  鶴見辰吾 中原丈雄/北村一輝  有村架純  江口洋介
監督/脚本 大友啓史
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK
原作:和月伸宏「るろうに剣心−明治剣客浪漫譚」(集英社ジャンプ コミックス刊)
製作:映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning 」製作委員会
制作プロダクション・配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 138分
オフィシャルサイト

©和月伸宏/集英社 ©2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning 」製作委員会

投稿者プロフィール

佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!