• 道内最大級の映画レビューサイト

大泉洋 主演✕福田雄一監督「新解釈・三國志」12月11日公開 作品レビュー

作品紹介

本作はキャスト陣も群雄割拠!大泉演じる劉備が属する「蜀」国のメンバーは、稀代の天才軍師・孔明にムロツヨシ、公明の妻・黄夫人に橋本環奈、仁義に生きる武将・関羽に橋本さとし、超怪力の猛将・張飛に高橋努、忠義の若武者・趙雲に岩田剛典。【赤壁の戦い】で蜀と手を組む「呉」国のメンバーは、天下の最高司令官・周瑜に賀来賢人、周瑜の妻・小喬に山本美月、江東の覇者・孫権に岡田健史、周瑜を支える宿将・黄蓋に矢本悠馬、同じく周瑜を支える軍師・魯粛に半海一晃。【赤壁の戦い】で敵対する「魏」国の面々には、革命のジョーカー・曹操に小栗旬、曹操の参謀・荀いくに磯村勇斗、隻眼の将軍・夏侯惇に阿部進之介。

そして三國の面々以外にも、絶世の舞姫・貂蝉に渡辺直美、黄天の逆賊・黄巾に山田孝之、三國志最強の鬼神・呂布に城田優、酒池肉林の暴君・董卓に佐藤二朗、さらにはストーリーテラーとして本作を盛り上げる語り部役に西田敏行。映画・ドラマ・演劇・パフォーマンス界から全才能が結集した超オールスターキャストが、夢の競演を果たします。


この壮大なプロジェクトを締めくくる主題歌には、福山雅治が書き下ろし楽曲「革命」と共に参戦。大泉が出演する作品の主題歌を担当するのは初である他、福田監督作品の主題歌を担当するのも初となる福山は、【「カッコいい楽曲を!」とのオファーをいただいたので、曲調はアップテンポのロックサウンド。歌詞では「さあ風となれ。私よ今、私に革命を起こせ。私だけが、私を変えられるのだと」と、三國志の世界観に触発され、いつになく熱い言葉が生まれてきました。『新解釈・三國志』における「男達の熱い部分」を勝手ながら担当させていただいたと思っております。】と語ります。
2020年冬“福田雄一×オールスターズ”が全員集合!する時1800年間、誰も想像し得なかった、教科書になんて載っているはずがない笑いと驚きに満ちた新たな解釈の三國志が、誕生します。

ストーリー

『新解釈・三國志』とは?今から1800年前。中華統一を巡り三国【魏・蜀・呉】が群雄割拠していた時代。民の平穏を願い、のちに英雄と呼ばれる一人の男・劉備が立ち上がった。激動の乱世を経て、物語はやがて[魏軍80万]vs[蜀・呉連合軍3万]という、圧倒的兵力差が激突する「赤壁の戦い」に突入していく!―――という超有名歴史エンターテイメント「三國志」を“脚本・監督:福田雄一流の新たな解釈”で描く、完全オリジナル映画でございます。

作品レビュー

一言でいうと、期待していたものとは違う。それが今作への率直な感想だ。
三國志の崇高な世界を馬鹿にしているとか、特に人気の高い赤壁の戦いを描いたからだとかそういう意味では無い。
福田作品を多く拝見している身からすると、やってしまった感が否めない。

「THE3名様」で福田作品に触れてから、「勇者ヨシヒコシリーズ」や「今日から俺は!!」、実写の「銀魂」でも大笑いさせて貰った。それ故、期待が高かったのは確かだけれどそれが原因かというとそういうわけではないように思う。
個人的に福田監督作品の笑いのセンスが大好きで、それは今でも変わらない。

では何故か。
キャストには申し分無いというか、もしかしたら豪華すぎるというのもあるかもしれない。
それぞれのキャストが全力を出したとは思うのだが、それは果たして三國志の役柄の為の全力の演技だったのだろうか。
その点で言うと、小栗旬に関しては曹操としての部分とこの作品に求められた役割とがうまく演じられていたようには感じる。

映画全体の雰囲気が悪いわけではなく現場ではさぞかし盛り上がったのであろう事は伝わってくる。
なんというか、内輪受けなのだ。
映画初タッグとなる大泉洋に加え、ムロツヨシ・佐藤二朗・山田孝之という福田組常連達。
これで面白くならないわけがない。
実際、予告だけみるとかなりツボだったし面白いと感じた。
これが30分ドラマで何週かにわかれて放送されたとしたらゲラゲラ笑えたと思う。
ただ、2時間弱の映画で多くのアドリブを含みながら至る所で笑える場所をこれでもか!と放り込まれすぎた事により逆に冷めてしまった。
最強布陣だからこそ、シリアスな部分がもう少し多い方が良かったのではないだろうか。

さらに言うと、本来、大泉洋の良さは緊張感のある中で場を和ますような緩和剤としてこそ発揮されるように思う。
バラエティ番組での的確な切り返しや舞台挨拶での饒舌さとはまた違う、緻密に計算されたお芝居に彼の人間力が加わる事で彼を見るとフッと心が絆されるような感覚になる。
まるでその役が大泉洋自身のように そして大泉自身がその役そのものかのように見えてくるからこそ、その動き一つ一つに笑ったり泣いたりしてしまうのだ。
彼の演技には説得力と程良い隙がある。それがとても人間らしくて観る人の心を熱くさせるのだ。
福田雄一と大泉洋との相性は悪くはないと思う。
もしも他の作品でまたタッグを組むことがあれば、その時は緊張と笑いのバランスがうまく取れている事を期待したい。

辛口なレビューになってしまったが、実は今作は福田作品をあまり観てきていない人が「なんか面白そうかも?」と観に行く方が素直に楽しめるかもしれないと思う。

予告動画

「新解釈・三國志」2020年12月11日全国公開!

キャスト: 大泉洋
賀来賢人 橋本環奈 山本美月 岡田健史/
橋本さとし 高橋努/岩田剛典
渡辺直美/
磯村勇斗 矢本悠馬 阿部進之介 半海一晃
ムロツヨシ
山田孝之 城田優 佐藤二朗/西田敏行(語り部)
小栗旬
脚本・監督:福田雄一
上映時間:113分
配給: 東宝

公式サイト
(C)2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!