• 道内最大級の映画レビューサイト

『おらおらでひとりいぐも』11月6日公開 作品レビュー

 

作品紹介

芥川賞&文藝賞W受賞のベストセラーを「モリのいる場所」の沖田修一監督が映画化!ひとりだけれど、ひとりじゃない。孤独の先で圧倒的な自由に辿り着いた75歳、桃子さんの“進化”の物語。
原作は、55歳で夫を亡くした後、主婦業の傍ら執筆し63歳で作家デビューした若竹千佐子の同名小説。本作を発表するやいなや「これは“私の物語”だ」と絶賛を浴び、芥川賞・文藝賞をW受賞した。シニア世代の圧倒的支持を得たベストセラーをこれまで数々の映画賞を受賞してきた沖田修一監督が映画化。15年ぶりの主演となる田中裕子をはじめ、蒼井優、東出昌大、濱田 岳、青木崇高、宮藤官九郎ら豪華キャストが集結し、巡る時代と季節を縦横自在に描く。新しい日常を生きる今――不安や寂しさを受け入れて力強く歩みを進める桃子さんの姿が優しく響く、可憐でたくましい唯一無二の感動作が誕生した。

ストーリー

昭和、平成、令和をかけぬけてきた75歳、ひとり暮らしの桃子さん。ジャズセッションのように湧き上がる“寂しさ”たちとともに、賑やかな孤独を生きる――。
1964年、日本中に響き渡るファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、上京した桃子さん。あれから55年。結婚し子供を育て、夫と2人の平穏な日常になると思っていた矢先…突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。図書館で本を借り、病院へ行き、46億年の歴史ノートを作る毎日。しかし、ある時、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が、音楽に乗せて内から外へと沸き上がってきた!孤独の先で新しい世界を見つけた桃子さんの、ささやかで壮大な1年の物語。

作品レビュー

75歳の主人公でひとり暮らしの桃子さん(田中裕子)は、夫に先立たれ食事はひとりでサッと済ます日常である。桃子さんは認知症なのか?桃子さんの周囲に突如登場する、心の声で寂しさ1(濱田岳)、寂しさ2(青木崇高)、寂しさ3(宮藤官九郎)、彼らとの不思議な対話が始まる。

さらには20代の桃子さん(蒼井優)と、夫の周造(東出昌大)が回想として登場するが、現実と妄想の間がつかみにくいため、ファンタジーなのか?リアルなのか?東北弁の解りにくさも含めてユニーク。心の声たちがまるで妖精のように出現しては好き勝手なことを言うが、どれも桃子さんの一部である。

マイペースな桃子さんと心の声たちが歌ったり踊ったりする、ほんわかした物語。食事のシーンが多く、美味しそうに食べる田中裕子の演技を観てお腹が空いてしまう。

若かりし桃子が夫となる周造と出会いプロポーズされるシーンがロマンティックだが、大事なのは愛より自由だ、自立だ!そうだ、自分はひとりで生きてみたかったのだと、やがて桃子さんは気づくのだった。シニア世代で孤独だった主人公がしみじみと幸せを感じて進化するお話である。

『おらおらでひとりいぐも』11月6日公開

出演: 田中裕子 蒼井 優 東出昌大/濱田 岳 青木崇高 宮藤官九郎
原作:若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」(河出文庫)
監督・脚本:沖田修一
音楽:鈴木正人
主題歌:ハナレグミ「賑やかな日々」(スピードスターレコーズ)
製作:『おらおらでひとりいぐも』製作委員会
配給:アスミック・エース
137分
公式サイト

© 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

 

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!