• 道内最大級の映画レビューサイト

心揺さぶるヒューマンドラマ「朝が来る」10月23日公開 作品レビュー

作品紹介

世界で高い評価を受け、カンヌ国際映画祭では欠かせない存在となった河瀨直美監督の待望の最新作は、直木賞・本屋大賞受賞のベストセラー作家・辻村深月によるヒューマンミステリーの映画化。実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を繋ぐ「特別養子縁組」によって、新たに芽生える家族の美しい絆と胸を揺さぶる葛藤を描く。永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子ら実力派俳優が、人間の真実に踏み込む演技で圧倒する。血の繋がりか、魂の繋がりか──現代の日本社会が抱える問題を深く掘り下げ、家族とは何かに迫り、それでも最後に希望の光を届ける感動のヒューマンドラマが誕生。

ストーリー

「⼦どもを返してほしいんです。」平凡な家族のしあわせを脅かす、謎の⼥からの1 本の電話。この⼥はいったい何者なのか―。
⼀度は⼦どもを持つことを諦めた栗原清和と佐都⼦の夫婦は「特別養⼦縁組」というシステムを知り、男の⼦を迎え⼊れる。それから6 年、夫婦は朝⽃と名付けた息⼦の成⻑を⾒守る幸せな⽇々を送っていた。ところが突然、朝⽃の産みの⺟親“⽚倉ひかり”を名乗る⼥性から、「⼦どもを返してほしいんです。それが駄⽬ならお⾦をください」という電話がかかってくる。当時14 歳だったひかりとは⼀度だけ会ったが、⽣まれた⼦どもへの⼿紙を佐都⼦に託す、⼼優しい少⼥だった。渦巻く疑問の中、訪ねて来た若い⼥には、あの⽇のひかりの⾯影は微塵もなかった。いったい、彼⼥は何者なのか、何が⽬的なのか──︖

作品レビュー

直木賞作家・辻村深月の小説『朝が来る』を河瀬直美監督が映画化。
実の子を授かることが叶わず”特別養子縁組”により男の子を家族に迎えた栗原夫婦と、中学生で妊娠しやむを得ず子どもを手放すことになった片倉ひかり(蒔田彩珠)。
その両者がその後をどのように過ごし、そして何故再び会う事になったのかー
6歳の誕生日を迎えたばかりの朝斗の目線も織り交ぜながら、親子の絆や人生での苦悩や葛藤を描いたヒューマンドラマとなっている。

長い不妊治療のすえ栗原清和(井浦新)と佐都子(永作博美)は”特別養子縁組”を選択するのだが、この制度を知らない人は多くいるのではないだろうか。

今作がきっかけで、「特別養子縁組」とは養子となる子供と実親(生みの親)との法的な親子関係を解消し実の子と同じ親子関係を結ぶ、すなわち血縁関係のない子を自分の籍に入れ法的に実子と同じ扱いとする制度という事を知った。
「普通養子縁組」は、養子となる子どもと実親との親族関係は終了せず戸籍上も「養子」と表記されるが、「特別養子縁組」は実子扱いになる為大きくはそこが異なる。

栗原夫妻が参加した説明会で語られる話は、子供を第一に考えて幸せな家庭を継続する為に非常に大事な事柄が多く興味深い。
明るく優しく家庭を支える佐都子と実直で穏やかな清和。
不妊治療にしても子育てにしても1人で抱え込むと苦しさも伴うと思うが、夫である清和が協力的なのがとても心強い。
愛情たっぷりに大切に育てられた朝斗をみていると、3人は紛れもなく”家族”だと胸が熱くなる。
栗原家に光溢れる朝が来るように、ひかりにも朝は訪れるはずである。
彼女の居場所は無くなってなどいなく、ずっとそこに存在し続けているのだ。

様々な事情で育てられない子供が家庭で養育を受けられるようにすることを目的に設けられたというこの制度を、もっと沢山の人が知る事で守られる命はあるのではないだろうか。

予告動画

「朝が来る」札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他公開

永作博美 井浦新 蒔田彩珠 浅田美代子
原作:辻村深月『朝が来る』(文春文庫)
監督・脚本:河瀨直美
共同脚本:髙橋泉
音楽:小瀬村晶 An Ton That
主題歌:C&K「アサトヒカリ」(EMI Records)
制作プロダクション:キノフィルムズ 組画 共同制作プロダクション:KAZUMO
上映時間: 139分
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©2020「朝が来る」Film Partners
公式サイト

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!