• 道内最大級の映画レビューサイト

二宮和也主演の感動実話『浅田家!』10月2日公開 作品レビュー

作品紹介

「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」彼が選んだのは、“家族”だった―。
二宮和也(主演)×浅田政志(原案)×中野量太(監督)が贈る笑いと涙あふれる感動の実話!!

父、母、兄、自分の4人家族を被写体に、“家族がなりたかったもの”“家族でやってみたいこと”をテーマに様々なシチュエーションでコスプレして撮影、ユニークな≪家族写真≫を世に送り出した写真家・浅田政志。普通の家族が、消防士、バンドマン、レーサー、極道、ラーメン屋…等々、全力でなりきった姿を収めた写真集「浅田家」は、思わず笑みがこぼれる仲睦まじい家族の光景として好評を博し、写真界の芥川賞ともいわれる第34回木村伊兵衛写真賞(2008年度)を受賞しました。本作は、この写真集「浅田家」と、東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗浄し元の持ち主に返すボランティア活動に参加した浅田政志が、作業に励む人々を約2年間にわたって撮影した「アルバムのチカラ」の2冊の写真集を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で、第41回報知映画賞作品賞、第40回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞ほか、その年の映画賞を総なめにした中野量太監督が、実話に基づき、独自の目線で紡いだ、オリジナルストーリー作品。
写真家・浅田政志を主人公に、彼の人生と彼を支えた家族を、ユーモアたっぷりに温かく描き、なぜ彼が“家族”というあまりにも身近な存在を被写体として選んだのか、そして撮り続けるのか。一人の写真家の人生を通して、≪家族の絆≫、≪写真が持つチカラ≫を色濃く映し出します。

主人公・浅田政志を演じるのは二宮和也。無茶で自由奔放ながらどこか許せてしまう人間味溢れるキャラクター・政志を、圧倒的な存在感と演技力で魅せます。

一枚の写真のチカラを信じて――
「家族」を撮りつづけた一人の写真家と、彼を信じ、支えつづけた「家族」の≪実話≫。
日本映画界を代表する超豪華キャスト&スタッフで贈る、この秋、最高の感動作!!

ストーリー

幼いころ、写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志(二宮和也)は、昔から写真を撮るのが大好きだった。そんな彼が、家族全員を巻き込んで、消防士、レーサー、ヒーロー、大食い選手権……。それぞれが“なりたかった職業”“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニークすぎる《家族写真》が、なんと写真界の芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞! 受賞をきっかけに日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる――。
かつて撮影した家族の安否を確かめるために向かった被災地で、政志が目にしたのは、家族や家を失った人々の姿だった。
「家族ってなんだろう?」
「写真家の自分にできることは何だろう?」

シャッターを切ることができず、自問自答をくり返す政志だったが、ある時、津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア活動に励む人々と出会う。彼らと共に《写真洗浄》を続け、そこで写真を見つけ嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、次第に《写真の持つチカラ》を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。
「私も家族写真を撮って欲しい!」
それは、津波で父親を失った少女の願いだった――。

作品レビュー

天才的な演技力を持つ二宮和也が主演の実話『浅田家!』が2020年秋に公開となる。

物語の冒頭は、浅田家の父の葬式で家族が集まるシーンからスタートし、政志が小学生時代からの回想シーンへと誘う。前半は主人公の浅田政志が木村伊兵衛写真賞し、写真家として成功するまでの軌跡である。

政志の父役には平田満、母役は風吹ジュン、兄・幸宏役は妻夫木聡、恋人役は黒木華、被災地の写真洗浄ボランティア役の菅田将暉と豪華キャストが共演し、シリアスとコミカルがまんべんなく融合した実話ドラマだ。

政志の家族を巻き込んでのコスプレ写真集はユーモアがあり、クスッと笑えるコミカルな物語。肩から腕にタトゥーを入れロン毛や髭など、二宮和也のイメージとは真逆で、ひょうひょうとして愛嬌ある政志が微笑ましい。

政志を信じて支える父と母、文句を言いつつもサポートする兄の幸宏、家族愛がいっぱいの映像に政志が愛されて育ったことが感じられる。
家族を巻き込んで、自分が本当に撮りたい写真を作り出すアイディアの斬新さや、その経験を生かした思い出に残るの家族写真。カメラのファインダーを覗く政志の優しい瞳と、ほっこり温まるストーリーが心地良い。

やがて中盤から東日本大震災の被災地へと物語はスイッチする。再現された津波後の悲惨な様子と引き裂かれた家族たち。津波で壊滅的な被害を受けた町に残された写真を洗浄する政志。

長年家族と恋人に支えられ、自由奔放に写真撮影をしてきた政志が、震災を乗り越えようとする人々の支えとなっていく。被災し家族を失った人々の辛さと痛みを共に感じ、自分にしか出来ないことを見つけて行動する政志の姿に心打たれ、自然と涙がこみ上げてくる。

浅田家のコスプレ家族写真で私がお気に入りなのは、『疲れたヒーロー』と『極道』の写真。写真家・浅田政志氏が撮影した『浅田家』のコスプレ家族写真を忠実に再現している。劇中にもユニークな写真が登場し楽しめるだろう。さらに東日本大震災の再現映像で、悲惨な状況から立ち直った日本を改めて確認できる。『浅田家!』は2020年コロナ禍で疲れた私たちの心を癒やしてくれる映画だ。

予告動画

【浅田家! 】10月2日全国公開


二宮和也
黒木 華 菅田将暉 風吹ジュン 平田 満
渡辺真起子 北村有起哉 野波麻帆
妻夫木聡
監督・脚本:中野量太(『湯を沸かすほどの熱い愛』(16))
脚本:菅野友恵
原案:浅田政志「浅田家」「アルバムのチカラ」(赤々舎刊)
エンディング・テーマ「’S Wonderful」THE SKA FLAMES
上映時間:127分
公式サイト
©2020「浅田家!」製作委員会

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!