• 道内最大級の映画レビューサイト

あの戦争から30年…『ぼくらの7日間戦争』2019年12月13日公開 作品レビュー

作品紹介

時代を超え、いつまでも少年少女の胸を躍らせる本がある。角川文庫にて1985年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』。
初版から3年後には、女優・宮沢りえの女優デビュー作にして初主演を務める実写映画も公開。宗田理が手掛ける“ぼくら”シリーズは累計2,000万部を突破し、幅広い世代の青春を彩ってきた。
今なお愛される群像劇が、新進気鋭のクリエイターにより劇場アニメとして再びスクリーンに帰ってくる。
大人の都合で引っ越しを迫られる少女、綾。彼女に思いを寄せる少年、守。
勇気を振り絞り、守は最初の一歩を踏み出す。
「逃げよう」2019年冬、“ぼくら”の青春をかけた7日間の戦争が始まる―。

ストーリー

2020年、北海道。高校二年生の鈴原守は密かに想いを寄せていた幼なじみの綾が、親の都合で急きょ転校してしまうことを知る。守は勢いで「一緒に逃げよう!」と一世一代の告白をするが、クラスメイトたちとともに廃工場への家出計画に発展していく。そんな子どもじみた小さな反抗が、大人たち、街中やネットをも巻きこむ一大騒動になるとは知らずに。

作品レビュー

「ぼくら」シリーズの第1作『ぼくらの七日間戦争』
1985年に刊行された小説だが、ここまで世に広まったのは1988年に宮沢りえ主演で実写映画化されたからに他ならない。
親や教師に反抗し、廃工場に立てこもって大人たちをやっつけた少年少女たち。
“七日間戦争”は一大ブームになった。

それから30年。
シリーズのテーマである「大人への挑戦」と「ユーモラスな戦い」を描くことを崩さずに、アニメーションとしてスクリーンに蘇る事に。
今作は2020年の北海道が舞台で、赤平の炭鉱をモデルとした石炭工場が全編にわたり登場するので道民にも嬉しい。
廃工場の屋上でのシーンがどれも美しく印象深かった。

個性豊かなキャラクターを演じる声優陣にも注目したい。
主人公の鈴原守は『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』の北村匠海、ヒロイン役の千代野綾は『累-かさね-』『居眠り磐音』の芳根京子、個人的にイチ押しのキャラクター本多を人気声優 櫻井孝宏が務め、更には宮沢りえが“2020年の中山ひとみ”役としてアニメでも当時と変わらぬ役柄を演じている。

高校2年生の守は、大人しく学校ではいつも1人で本を読んでいる歴史マニアだ。
友達はいないが歴史マニアのチャット仲間は数名いるという、ある意味今時の根暗男子。
隣の家に住む幼馴染の綾に片想いしているが、学校で話す事はほとんどない。
そんな彼が一大決心して事を起こすのは勿論綾の為。
綾の親友・山咲香織の他、綾のクラスメイトやそのまた幼馴染をも巻き込み、引っ越しボイコット 兼 綾のバースデー祝いの為の”7日間の家出”をスタートさせた6人。
それが思わぬ方向に展開して行くのだが、守の歴史好きが随所で功を奏する。
折角ならチャット仲間ももっと活躍させて援護射撃して欲しかった気がするが、子供達が孤軍奮闘しながら大人に立ち向かう様子を描きたかったのだろう。
綾の父である千代野議員の秘書・本多がなかなかの策士であり実は真っ直ぐな心を持っているのとは対照的に、千代野議員はまるで悪の根源のような酷い男である。
権力を笠に着る救いようの無い人物だったので、この件をきっかけに改心してくれたと信じたい。

あの時子供だった人達は、今大人になりこれを観て何を思うだろう。
自分自身が嫌悪していた理不尽な大人になってはいないだろうか。
多感な青春時代、大人の言いなりにならずに夏の7日間を過ごした高校生達。
若さゆえの浅はかさすらも眩しい青春ストーリーだ。

監督を務めるのは「ドリフェス!」などの話題作を手がけてきた村野佑太。
脚本は、映画『コードギアス』などのアニメ大作を執筆してきた大河内一楼。
そして、とにもかくにも、91歳となった今も現役でシリーズの新作を書き続けている宗田理が凄い。

予告動画

12月13日(金)札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他で公開


監督 :村野佑太
キャスト: 北村匠海/芳根京子/宮沢りえ(特別出演)
脚本:大河内一楼
原作者: 宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA刊)
製作国 日本
配給会社 ギャガ KADOKAWA
上映時間:88分

公式サイト

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!