• 道内最大級の映画レビューサイト

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』8月30日公開 作品レビュー

作品紹介

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の舞台は1969年のロサンゼルス。ハリウッド黄金時代の最後の瞬間 を、タランティーノ製作、脚本、監督で描いた本作は、タランティーノが、実際に自分が育った当時のハリウッド、そ していまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5 年の歳月を費やして脚本執筆したという。

本作の豪華キャストも大きな話題で、『ジャンゴ 繋がれざる者』 (2012)でタランティーノ監督作初出演となった レオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの 2 大スターが初顔合わせを果たした。ディカプリオが演じるのは、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしてい るちょっと落ち目の TV 俳優リック・ダルトン、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブースをブラッド・ピットが 演じる。本作で二人がどんな新しい顔を魅せてくれるか期待がよせられている。また、当時新人女優として人気上り 調子だったシャロン・テート役のマーゴット・ロビーが、今回のタランティーノ映画のミューズに選ばれた。

ストーリー

リック・ダルトン(ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんな リックを支えるクリフ・ブース(ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッ ドで生き抜くことに精神をすり減らしている情緒不安定なリックと対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。
パーフェクト な友情で結ばれた二人だったが時代は大きく転換期を向かえようとしていた。そんなある日、リックの隣には寵児ロマン・ポ ランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(ロビー)夫婦が越してくる。いままさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそ ハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウェスタン映画に出演する決意をするが・・・。 そして、1969年8月9日。それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

1969年8月9日 あの事件から50年。
シャロン・テート事件とは 本作でマーゴット・ロビーが演じるシャロン・テート。駆け出し女優であり『ローズマリーの赤ちゃん』で一躍時代の寵児としもてはやされ ていたロマン・ポランスキー監督の妻であった彼女は、1969年ハリウッドの自宅で惨殺される。犯行は、狂言的カルト集団の指導者 チャールズ・マンソンの信仰者によるものだった。事件当時、彼女は26歳で妊娠8ヶ月だったことからいまもハリウッドの黒歴史として 語り継がれ暗い影を落としている。

作品レビュー

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット、ハリウッドが誇る2大スターが初共演でダブル主演、監督はあのクエンティン・タランティーノ、と話題満載の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。

舞台はヒッピー文化最高潮、今から50年前1969年のハリウッド。

街並み、ファッション、音楽はもちろん、主人公のリックとクリフがTVで見ているのは当時の人気ドラマシリーズ、パーティ会場にはスティーブ・マックイーンがいて、撮影所にはブルース・リーがいる…ハリウッド黄金時代への愛とリスペクトが満ち溢れている。

ディカプリオが演じるリックは、かつてはテレビの西部劇で主役を務めていたが、今は落ち目の俳優。ブラッド・ピット演じるクリフはリックのスタントマンでありドライバー、そして親友。

この2人のバディ感が素晴らしい!とてもナチュラルに、リックとクリフの心地よい関係性が醸し出されている。

そして1969年は、新進気鋭の映画監督ロマン・ポランスキーの妻で女優のシャロン・テートが、チャールズ・マンソン率いるカルト集団のメンバーに惨殺された『シャロン・テート殺害事件』の起こった年である。

劇中にはシャロン・テートと夫のロマン・ポランスキーが、リックとクリフの隣人として登場し、ラストへと繋がる伏線を張っている。

シャロン・テートを演じるのはマーゴット・ロビー。ミニスカートに白いブーツがとってもキュート。
脇を固めるキャストも名優揃い。オスカー俳優のアル・パチーノ、子役時代からその卓越した演技力で世界中を魅了してきたダコタ・ファニング、さらにはタランティーノ作品ではお馴染みのカート・ラッセル、ブルース・ダーンなど何れ劣らぬ演技派が顔を揃える。こんな豪華な最強キャストの本作、間違いなく面白い!

この事件を題材にした本作では、タランティーノが少年時代を過ごしたロサンゼルスへのノスタルジーと、彼の映画への深い愛情が込められている。

ラストには思いもよらぬ大事件が起こり、「これぞ、タランティーノ!!」というド派手なアクションが繰り広げられる。残暑を吹き飛ばすのにうってつけのハリウッド・エンターテイメントだ。

予告動画

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他 8/30(金)公開

原題: Once Upon a Time in Hollywood
監督: クエンティン・タランティーノ
出演: レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー
上映時間:161分
全米公開: 7月26日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト

© 2019 SONY PICTURES DIGITAL PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED

投稿者プロフィール

Kazue
Kazue
好きな映画はサスペンスや冒険映画です。趣味はヨガ。好きな映画は『最強のふたり』『マリーゴールドホテル』『女神は二度微笑む』好きな俳優はモーガン・フリーマン、オードリー・ヘップバーン、メリル・ストリープです。
error: Content is protected !!