• 道内最大級の映画レビューサイト

『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』6/7公開 作品レビュー

 

クローゼットに閉じこめられて世界旅行!? インド人青年アジャが奇想天外な旅で

見つけた大切なものとは―

作品紹介

世界を知らない青年が、ハプニング連続の世界旅行を続けるなかで様々な   出会いを通じて成長していく本作は、当時国境警備隊の警部補であった   ロマン・プエルトラスが通勤中にスマホで執筆した物語が原作で、30ヶ国以上の出版社に翻訳権が販売された人気小説。フランスとインド、ベルギーの共同制作によって映画化された本作の監督は、『人生、ブラボー!』で様々な映画祭で評価を得たケン・スコットが務め、世界各国を飛び回り撮影が行われた。

主人公アジャ役にはボリウッド界のスターで、かのラジニカーントの娘婿と   しても知られるダヌーシュが抜擢。アジャが旅で出会う人々にベレニス・ ベジョ、エリン・モリアーティ、バーカッド・アブディ、ジェラール・ ジュニョなどの実力派俳優らが世界15か国から集結し、観る人を世界の 旅へといざなうとびきりハッピーな物語が完成した!

ストーリー

インドの貧困地域で育った青年アジャは、母の死をきっかけに1枚の偽札を手に憧れのインテリアショップがあるパリへやってきた。閉店後、店内の   クローゼットで一晩を明かすことを決めたアジャだったが、信じられないことにクローゼットがトラックで搬出されてしまう!!!知らぬうちに奇想天外な旅へと巻き込まれたアジャの運命やいかに・・・!?

作品レビュー

クローゼットごと運ばれたことは「悲劇」か「喜劇」か。

母と二人暮らしのアジャは、学校に通うようになり世界がとても広いことと家がとても貧乏なことを知った。お金を稼いで、懸命に働く母を憧れのパリへ連れて行ってあげたかったが叶うことなく母は亡くなってしまった。
アジャは、母の代わりにパリへ向かう。華やかなパリで運命的な出会いをしたアジャは、ホテルに泊まるお金がないため家具屋のクローゼットの中で一夜を明かす…ハズだった。
まさか、クローゼットごと国を渡ることになるとも知らずに。

ロンドンに着いたアジャは運命の彼女との約束のために、なんとかパリに戻ろうとするが、なかなかパリには戻れない。
それどころか、ロンドンからスペイン、ローマ、リビアと様々な国を渡り歩くことになってしまう。果たしていつパリへ行けるのだろうか。

正直者のアジャは国籍も人種も貧富も関係なく誰とでも語りあう。その純粋な心が彼の運をいい方向へ運んでいく。
なりたい人生になれるかは、すべて「運」。アジャはどんな運の持ち主なのか。
アジャの運命の旅を観ていると、普段スムーズに進まないことにも何か意味があるのではないかと思えてくる。

唄って踊るインド映画。本作は旅先の国や民族の歌や踊りもあり、インドのダンスばかりじゃないのが魅力の一つ。
この映画のもととなっているのは「IKEAのタンスに閉じ込められたサドゥーの奇想天外な旅」(著:ロマン・プエルトラス)。
家具屋さんでのシーンに出てくるオシャレな家具にも注目したい。

インド映画では珍しい上映時間96分!ハッピーになれるインド映画の入門編としてもピッタリです!

予告動画

『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』6月7日 札幌シネマフロンティアで公開

原題:The Extraordinary Journey of the Fakir
原作:ロマン・プエルトラス「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅」(小学館文庫/吉田恒雄 訳)
監督:ケン・スコット(『人生、ブラボー!』)
出演者:ダヌーシュ、ベレニス・ベジョ(『アーティスト』)
エリン・モリアーティ(『はじまりへの旅』)
バーカッド・アブディ(『キャプテン・フィリップス』)
ジェラール・ジュニョ(『バティニョールおじさん』)
上映時間:96分/サイズ:シネスコ/言語:英語 配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

公式サイト

@2018 Copyright BRIO FILMS-SCOPE PICTURES-LITTLR RED CAR-TF1 AUDIOVISUELS-SONY PICTURES ENTERTAINMENTFRANCE  All rights reserved.
Brio Films @Sébastien Boss

投稿者プロフィール

Kieko
Kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
error: Content is protected !!