• 道内最大級の映画レビューサイト

人気漫画を映画化!【初恋 お父さん、チビがいなくなりました】作品レビュー

 

「泣ける!」「こんな夫婦になれたら」と話題を呼んだ 西炯子の人気漫画を映画化!

倍賞千恵子 藤竜也 市川実日子 映画初共演!

作品紹介

亭主関白な夫に心から尽くしながら、自分は本当に夫から愛されているのだろうかという寂しさを長年抱えてきた妻・有喜子を演じるのは倍賞千恵子。そんな妻に対しては無口でぶっきらぼう。
離婚を突き付けられずっと心に秘めていたある想いを告白する 夫・勝を演じるのは藤竜也。長年連れ添いあった夫婦を自然に、そして心はすれ違っているさまを細やかに演じ、観る者の心に深い感動を残します。
母から離婚話を聞き動揺する娘・菜穂子を演じるのは、近年映画・ドラマに欠かせない存在となった市川実日子、夫婦の関係に波風を起こす女性・志津子役で故・星由里子の他に、佐藤流司、小林且弥、小市慢太郎、西田尚美、優希美青、濱田和馬、吉川友の豪華キャストが集結。

ストーリー

3人の子供が巣立ち、人生の晩年を夫婦ふたりと猫一匹で暮らしている勝と有喜子。勝は無口、頑固、家では何もしないという絵にかいたような昭和の男。そんな勝の世話を焼く有喜子の話し相手は猫のチビだ。ある日有喜子は娘に「お父さ んと別れようと思っている」と告げる。驚き、その真意を探ろうと子供たちは大騒ぎ。そんな時、有喜子の心の拠り所だった猫のチビが姿を消してしまい…妻はなぜ、離婚を言い出したのか。そして、妻の本当の気持ちを知った夫が伝える言葉とはー

試写の感想

毎日同じ日々の繰り返しに、ふと虚しささえ感じていた妻・有喜子(倍賞千恵子)。
夫・勝(藤竜也)との結婚生活も50年目を迎え、子供たちが巣だった今、夫と二人で楽しむ趣味を作りたいが、夫は無関心。
そんな有喜子の唯一の話相手は老猫のチビ。

ある日、さっきまでそこにいたチビが姿を消した。すぐに戻ってくるだろうと思ったがなかなか戻らない。
夫に話しても勿論無関心、というより夫は近頃心ここにあらずな様子。
寂しさと不安いっぱいの有喜子のもとに末娘の菜穂子が帰ってきた。気の緩みから、つい離婚を考えていることをつぶやいてしまった。
お父さんと知り合った時、結婚を決めたとき、あの時は幸せだったなぁと思い出にひたる有喜子。
出会った頃の回想シーンは50年前の渋谷駅にあるミルクスタンド。あの時の出会いのトキメキと今をつい比べてしまう。
チビがいなくなって、空虚感に押しつぶされそうな有喜子は、藁にもすがる思いでチビ探しを依頼する。
妻の気持ち、夫の想い、両親を心配する子供たち。
それぞれの目線で繰り広げられる物語は、お互いを想い合う優しさと温かさが詰まっている。
時間の経過はシーンの切り替わりで月の満ち欠けが教えてくれる。大体10日くらいの出来事だろうか。
家族の一員でもあるチビが起こした奇跡は、作品を観た私たちの心もほっこりとあたたかくしてくれる。

ちなみに、チビ役の黒猫は13歳の設定だが、実年齢はなんと4歳。作品の中で一番の演技派俳優かもしれない。
私は本当に老猫だと思っていました。
チビの演技も必見です!

予告動画

『初恋 お父さん、チビがいなくなりました』

5月10日(金)札幌シネマフロンティア、ディノスシネマズ札幌劇場 他全国公開

出演:倍賞千恵子    藤 竜也    市川実日子  星由里子   佐藤流司    他

監督:小林聖太郎    脚本:本調有香

原作:西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」(小学館フラワーコミックスα刊)

上映時間: 105分

公式HP

配給:クロックワークス

©2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会

投稿者プロフィール

Kieko
Kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
error: Content is protected !!