• 道内最大級の映画レビューサイト

家族愛を綴る感動作を映画化『長いお別れ』5月31日公開 作品レビュー

 

作品紹介

『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太監督
直木賞作家:中島京子原作
蒼井優×竹内結子×松原智恵子×山﨑努、日本映画界が誇る豪華実力派共演!
ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間。
笑って泣いて、前に進んでいく家族たちの、新たな愛の感動作!

ストーリー

「父、昇平の70歳の誕生日会。久しぶりに集まった娘たちに母から告げられたのは、中学校校長も務めた厳格な父が認知症になったという事実だった。

夢も恋愛もうまくいかず、思い悩んでいる次女:芙美と、夫の転勤で息子とアメリカに移り住み、慣れない生活に戸惑っている長女:麻里は、父が巻き起こす思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない愛情に触れ、少しずつ前に進んでいく。ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは―。」

試写の感想

血縁がない人間同士で家族を紡ぐ物語、「湯を沸かすほどの熱い愛」で激賞が相次いだ中野量太監督。本作も家族がテーマとなっている。

認知症の父親がゆっくりと記憶を失っていく7年間の話だ。

年老いた両親に姉妹という家族構成は私と同じだったため、親近感を持ちつつも他人事ではないという危機感を覚えながら鑑賞した。

私の父も作中で父親役を演じる山﨑努ほど厳格ではないが昔気質で頑固な性格である。

そんな父が同じように自分たちの存在やあらゆる物事を忘れ徘徊するようになることを想像すると正直ゾッとする。竹内結子や蒼井優のように優しく接し、時にはお世話をすることができるだろうか。結局は母に委ねてしまうのではないだろうか。

映画の中で母親役の曜子を演じる松原智恵子は夫と娘たちを献身的に、また強い愛情を持って支えている。そしてまるで少女のように可愛らしい。現実はもっと厳しいだろうが、暗くなりがちな介護を曜子の天然な明るさで家族を照らしている。

妹の芙美は、カフェを持つ夢を持ちつつ、別れた妻と幼い娘に会いに行く彼氏に手作りのクッキーを持たせ、更にはコッソリ対面シーンを覗きに行くような不憫なタイプ。

姉の麻里は夫の転勤でアメリカで生活するも全く慣れず、英語も話そうとせずに窮屈な日常と夫への不満を募らせていく。

7年という歳月を描いているため、娘2人が抱える悩みや問題の変化と時事ネタを織り交ぜながらストーリーが展開されていく手法は面白かったが、欲を言えばもう少し深みが欲しかったところ。

同じ家族の映画で石井裕也監督の「ぼくたちの家族」がある。

病気になるのは母親だし家族構成は息子2人なので男女の設定が全て逆だが、男だけの不器用さがリアルでイラっとさせてくれつつ、窮地に立たされ奮起する兄弟の姿がとても丁寧に描かれていて、キャスティングも良く記憶に残る作品だった。

それに比較すると今ひとつ見せ場が少なかったかなと思う。

ただ、出演者たちはみんな見事にマッチしていた。

山﨑努は原作を読んだ時に自分にオファーが来る予感がしたという。

これは後付けだが、元教師で厳格、認知症になる父親、というキーワードで確かに真っ先に思いつきそうだ。

竹内結子と蒼井優はとてもリアリティのある美人姉妹だったし、こんな家族いいなと憧れさせてくれる面々だった。

まだまだ若い中野量太監督なので今後に期待しつつ、ベタだが10連休中に実家に帰省した時は家族に優しくしようと思わせてくれたことに感謝したい。

予告動画

『長いお別れ』5月31日(金) ユナイテッド・シネマ札幌 他 全国ロードショー

キャスト: 蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努 北村有起哉 中村倫也 杉田雷麟 蒲田優惟人
監督:中野量太 (『湯を沸かすほどの熱い愛』)
脚本:中野量太 大野敏哉
原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)
主題歌:優河「めぐる」(Pヴァイン・レコード)
上映時間:127分
配給・制作:アスミック・エース
公式サイト
©2019『長いお別れ』製作委員会

投稿者プロフィール

坂本早苗
坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。
error: Content is protected !!