• 道内最大級の映画レビューサイト

レゴ®ワールドが日本に上陸!「レゴ®ムービー2」3月29日公開 試写の感想

作品紹介

世界中でメガヒットを記録し、数々の賞レースを賑わせた傑作レゴ®ムービー最新作! 自由で創造力あふれる映像と、尖りまくったギャグセンスで大人も子供も魅了した『レゴ®ムービー』(2014年)!『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督らが年間ベストに選出、トップクリエイターも絶賛するすべてがサイコーな映画として世界中を席捲。そして2019年春、さらにスケールアップしたレゴ®ワールドが日本に上陸する

ストーリー

今度の舞台は宇宙!?  ブロックシティが襲われた事件から数年後、街の秩序が崩壊し荒んだ世界――。

いつも明るくちょっぴりおバカなエメットの前に現れたのは、謎の宇宙人。

ルーシーと仲間たちを、連れ去ってしまった!仲間と“フツー”の日常を取り戻すため、誰よりもごく“フツー”なエメットは超フツーじゃない宇宙へ!? またもや“選ばれし者”になったエメットの戦いは、前代未聞の領域へ。
ヤバいクイーンが支配する“すべてがミュージカル”な惑星で一体なにが起こるのか? アカデミー賞®歌曲賞にノミネートされた“Everything Is AWESOME!!!”を超える、スペシャルな楽曲にも期待大。
【すべてがもっとサイコー!】になったギャラクシーアドベンチャーの襲来だ!

試写の感想

あの個性あふれるレゴミニフィギュアが帰ってきた!

今度の舞台は宇宙。

カラフルで奇抜なデザインが広い宇宙を大暴れする。

coolなギャグは前作に引続き健在。

のっけから圧倒的なスピード感で目が回りそうになる。

耳にセリフが追いつかない。字幕だったら映像よりも字を追うのに精一杯になっていただろう。

穏やかで明るい主人公エメット、そんなエメットに若干の物足りなさを感じる猪突猛進型ルーシーのコンビに癒されていたら、あれよあれよと暗黒の世界に誘われる。

突如現れたレックスを正義の味方と信じて付いていくエメット。

うん、何だか先が読めてきたぞと思いきや予想外の展開で良い意味で裏切られた。

仲間を想う友情、信じる力、助け合う心、それら素晴らしい精神が目一杯詰め込まれている。

それらストーリーや映像だけでなく魅力的なのは音楽だ。

頭の中でループしまくりのポップでキャッチーな歌がたくさん登場する。

本編とは別にエンドクレジットの間に流されるラップ「Super Cool」は配色のオシャレ感も合わせ見どころ満載だ。

映画を観終わると無性に本物のレゴブロックを確かめに行きたくなった。

きっとエメットやルーシーたちキャラが動き出す世界を想像しニヤけてしまうだろう。

予告動画

「レゴ®ムービー2」3月29日札幌シネマフロンティアにて公開

監督:マイク・ミッチェル(『シュレック・フォーエバー』)
脚本:フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『レゴ®ムービー』)
製作:ダン・リン、フィル・ロード、クリストファー・ミラー、ロイ・リー
声の出演 【字幕版】
クリス・プラット(『ジュラシック・ワールド/炎の王国』)
エリザベス・バンクス(『ハンガー・ゲーム』シリーズ)
ティファニー・ハディッシュ(『アンクル・ドリュー』)
ウィル・アーネット(『ミュータント・タートルズ』)
【吹替版】 エメット&レックス・デンジャーベスト役:森川智之
ルーシー役:沢城みゆき
バットマン役:山寺宏一

オフィシャルサイト 
上映時間:107分
配給: ワーナー・ブラザース映画
原題 :THE LEGO® MOVIE 2: THE SECOND PART

©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

投稿者プロフィール

坂本早苗
坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。
error: Content is protected !!