• 道内最大級の映画レビューサイト

感動実話の法廷劇【ビリーブ 未来への大逆転】3月22日公開 試写の感想

 

フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー』×アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで』1970年代アメリカ。史上初の〈男女平等〉裁判に挑んだ女性弁護士がいた。
時代を動かした爽快な逆転劇を描く感動の実話! 

作品紹介

今、私たちが当たり前のように手にしている自由のいくつかは、ある裁判での勝利がなければ、獲得できなかっただろう。時は1970年代、アメリカ。女性が職に就くのが難しく、自分の名前でクレジットカードさえ作れなかった時代に、弁護士ルース・ギンズバーグがおこした、史上初の〈男女平等〉裁判だ。なぜ、彼女は法の専門家たちに〈100%負ける〉と断言された上訴に踏み切ったのか? そして、どうやって〈大逆転〉を成し遂げたのか? 
 ルースを演じるのは、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞®にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズ。彼女を信じ、支え続けた夫のマーティには『君の名前で僕を呼んで』のアーミー・ハマー。さらに、『ミザリー』のオスカー女優キャシー・ベイツが伝説の弁護士役で出演。監督は大ヒット作『ディープ・インパクト』のミミ・レダー。
 貧しさと差別をバネに、弱い立場の人々と手を組んで、権力に立ち向かうルースの逆転劇に、心の拳を高く振り上げずにはいられない。

ストーリー

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。

1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。
ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。

試写の感想

ルース・ベイダー・ギンズバーグ、彼女の生き方ー強い信念をもち、常に弱者と手を携え、正義を貫くために闘い、そのための労苦を厭わないーに深く心を揺さぶられた。

法律学者、弁護士、判事としての長いキャリアをもち、85歳の現在も米最高裁判事として現役で活躍中!!そんなすごいスーパーウーマンがいること、恥ずかしながらこの映画を観るまで全く知らなかった。

そして、知っているようで正しく認識していなかったことに気づかされたのが、様々な差別の問題だ。今私たちの生きている時代だって、まだまだたくさんの差別があり、苦しんでいる人がたくさんいる。しかし男女差別について言えば、あからさまに差別する人はあまり見かけなくなっているように感じる。

なのにたった50年くらい前には、世界の最先端アメリカ合衆国では(ですら?)、女性は仕事も選べないし、自分名義のクレジットカードすら作れなかった…。衝撃だった。
そんな1970年代に、ルースは“男女平等”を訴える世紀の裁判を闘い、その後の社会ーアメリカのみならず世界のーを変えていく扉を開いたのだ!

彼女自身が「女性・母親・ユダヤ系」ということで差別され、一度は弁護士になるという夢を諦めざるを得なかった経験を持つ。だからこそ不屈の精神で闘い抜くことができたのだと思うが、彼女を常に信じ、支え続けていた夫のマーティンの存在を忘れることはできない。

ルース自身が、自分の成功は主にマーティンのおかげだと言っているそうだが、1950年代に家事、育児を二人で協力して行っていたことだけを見ても、まさに理想の夫(笑)。しかしこの夫婦の素晴らしさは、それぞれがお互いを信頼し、敬い、そして支え合っているということだろう。

フェリシティ・ジョーンズとアーミー・ハマーが、そんな二人の内面や関係性を見事に演じきっている。

たくさんの人たちに見てほしい作品だが、特に若い世代のみなさんにこそ見てほしいと思う。

ルースが娘のジェーンの行動に刺激を受け、勇気づけられるシーンがある。ジェーンがいなければ、もしかしたらルースはこの裁判をやり抜くことができなかったかもしれない。

世の中が変わらなければ法律も変わらないし、国も変わっていかない。そして、世の中を変えていくのは、いつだって若者たちのエネルギーなのだから!

予告動画

【ビリーブ 未来への大逆転】
2019年3月22日(金) 札幌シネマフロンティア 他 全国ロードショー

監督: ミミ・レダー『ディープ・インパクト』
キャスト:フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー』
アーミー・ハマー『君の名前で僕を呼んで』
キャシー・ベイツ『ミザリー』
上映時間 120分
製作国 アメリカ
配給会社 ギャガ
公式サイト

© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

投稿者プロフィール

Kazue
Kazue
好きな映画はサスペンスや冒険映画です。趣味はヨガ。好きな映画は『最強のふたり』『マリーゴールドホテル』『女神は二度微笑む』好きな俳優はモーガン・フリーマン、オードリー・ヘップバーン、メリル・ストリープです。
error: Content is protected !!