2019年3月20日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

新たな青春のバイブル誕生!!「チワワちゃん」あらすじ・感想

  • 2019年1月13日

作品紹介

友だちの死をきっかけに揺れる若者たちの姿をエモーショナルに描く、新たな青春のバイブルが誕生!!

原作は、今なお熱狂的な人気を誇る岡崎京子が94年に発表した短篇集「チワワちゃん」。チワワについて仲間に話を聞いていく主人公のミキ役を、実力派若手女優として数々の作品に出演する門脇麦が演じる。

チワワの元カレ・ヨシダ役には若手最注目の成田凌、ヨシダの親友カツオ役には2017年に俳優デビューを果たした寛 一 郎、チワワの親友ユミ役にはモデル・女優として活躍する玉城ティナ、チワワ役には新人ながら大抜擢された吉田志織、チワワに想いを寄せるナガイ役には映画・TV・舞台と幅広く活動する村上虹郎と、20代の実力派俳優が集結。

さらに、栗山千明と浅野忠信が脇を固める豪華キャストの共演が実現!監督・脚本は、弱冠26歳ながら圧倒的な映像&音楽センスで注目される二宮健が、エネルギーに満ち溢れた“今”を生きる若者たちの青春を鮮やかに描く。

ストーリー

人気モデルの“チワワちゃん”がバラバラ遺体となって東京湾で発見された。昔の仲間がチワワを偲んで集まり、それぞれが知るチワワについて語り出すが、実は誰も“本当の”チワワを知らなかった――

試写の感想

可愛らしい子犬を愛でたい方には、残念ながら趣旨の異なる映画である。「チワワちゃん」は犬ではなく、主要登場人物である女の子の呼び名である。

 

とはいえオーディションで選ばれたという吉田志織が演じる「チワワちゃん」は人を惹きつけてやまない魅力にあふれている。ある日突然現れた、とびきり可愛く、明るく弾けた女の子は、周囲の人々をたちまち魅了する。

 

凄惨なエピソードから物語は始まるが、かといって映像とストーリーは陰鬱な雰囲気をまとっているわけではない。出演者のほとんどが20代の若者で、監督自身も26歳だという。恐るべき若さで才能を開花させている人たちである。

 

登場人物たちが破天荒なため、地味に過ごしがちであった昭和世代の自分には共感できない部分も多いが、全体としてはアート性の強さが感じられた。アーティスティックな色合いや退廃的な雰囲気の中でちりばめられる性描写など、どことなくフランス映画を思わせる。

 

「チワワちゃん」をとりまく友人のひとりであるミキを、実力派若手女優の呼び声高い門脇麦が演じている。チワワちゃんと出会ったその日から、ミキは嫉妬やコンプレックスを抱え続けていた。その微妙な立ち位置や陰のあるイタさ加減をあますことなく演じこなすのは力量のなせる業である。

 

監督にしろ、出演者にしろ、驚くべき若さでこのような作品を世に放つパワーと度胸には頭が下がる。若きアーティスト達の感性と表現力は賞賛されるべきクォリティーの異色作品である。

予告動画

「チワワちゃん」

監督・脚本:二宮 健
原作:岡崎京子
出演: 門脇 麦

成田 凌 寛 一 郎、玉城ティナ 吉田志織/村上虹郎
栗山千明(友情出演)/浅野忠信
製作「チワワちゃん」製作委員会 

企画 東映ビデオ 
企画協力:KADOKAWA 
制作プロダクション:ギークサイト 
配給:KADOKAWA 

2019年/日本/カラー/シネマスコープ/ DCP 5.1ch/104分   
R-15指定

公式サイト 

©2019『チワワちゃん』製作委員会

投稿者プロフィール

Kana
Kana
フランス語講師。映画大好き、書くのも好きなので映画レビューサッポロのライターへ立候補。
仕事柄プライベートではフランス作品の鑑賞に偏りがちですが、様々なジャンルをバランスよく観たいです。子供の頃、若い頃はSFやアクション系が好きでしたが、近頃は人間ドラマ重視の作品により惹かれます。
error: Content is protected !!