2018年12月19日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

こわいけど、 面白いから、観てください。岡田准一主演「来る」12/7公開 試写の感想

作品紹介

こわいけど、
面白いから、観てください。
『告白』の鬼才中島哲也、最新作!

岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡
日本アカデミー賞常連俳優を迎え、
『エクソシスト』『シャイニング』を超える怪作が、2018年12月7日、“来る”・・・この冬、人間の心の闇を描く、かつてない最恐エンターテインメント映画『来る』が、ついに、来る~~~~!!!!!!!

ストーリー

オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。民俗学者・津田はその「何か」を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「ぼぎわん」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・そ・う・か・!・あ・れ・の・正・体・は・、・あ・い・つ・だ・!

あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。 エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

予告動画

試写の感想

こわいけど、面白いから、観てください。ー

国内で数々の映画賞を受賞し海外での評価も高い「告白」を世に放った鬼才・中島哲也監督の最新作!
主演は国民的俳優 岡田准一。
黒木華・小松菜奈・松たか子・妻夫木聡・青木崇高・柴田理恵・太賀ら演技派俳優が顔をそろえる今作は「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」の映画化である。

この映画はホラーのようなミステリーのようなサスペンスのような作品だが、ただただ怖いだけという訳ではない。
そして、今までの中島監督作ともまた違う印象を受けた。

人間の思考の中にある善悪は表裏一体で、時に憎悪の感情が抑え切れなくなる事もあるだろう。
その誰もが持つ”もう一方の自分”が更に巨大な禍と結び付くとどんなに恐ろしいかという事を考えさせられる。
物凄く大量に血が出るので”そもそも血が苦手”という人には観るのは厳しいかもしれないが、「ホラー映画だからやめておこう」というには勿体無い作品だと思う。
ミステリー好きならば尚の事、チャレンジしてみて欲しい。

実は怖い映画が苦手で台本を読むのはなるべく朝にしたという岡田准一。
ホラー映画に出演すること自体初というのは意外だった。
今作での岡田准一は世間を斜めから見ているようなフリーライター 野崎という役どころ。
今まで数々の映画で観てきた”強く正しく不器用な日本男児・岡田准一”がこの役を演じるからこそ意味があったように思う。
彼の芝居には重厚感がある。
一つ間違えると胡散臭くなるようなオカルト色の強い場面でも、彼の存在がある事で観ている人を繋ぎとめてくれていた。
それは松たか子も同様。
見た目が強烈な国内一の霊媒師・比嘉琴子という非日常的な役柄を、無機質な人間として演じる事が出来るのは彼女くらいかもしれない。
出演陣の本気の芝居に圧倒され、いつの間にかこの映画の世界に入り込んでいる自分がいた。
真剣に観過ぎて試写後の肩凝りが尋常では無かった。
翌日は謎の目眩と頭痛で1日のほとんどを横になって過ごした程だ。
何か持って帰って来たのだろうか…と、そんなどうでもいい報告は置いておいて話を進めよう。

この映画の面白いところは、野崎を中心に話が進むという訳ではない点。
田原秀樹(妻夫木聡)の日常パートがそれに当たる。
彼がどういう人なのかは職場の同僚や友人の態度からも見て取れるようになっているが、少なからず彼の様な人は現実にもいるだろう。
子供の頃のエピソードは別として。
映画では、新婚の田原を尋ねて会社に謎の来訪者が登場したあたりから急速に不穏さが増す。
この来訪者を取り次いだ後輩・高梨(太賀)。
高梨のそれからがかなり衝撃的だった。
太賀の演技が上手いので尚更だ。
高梨のみならず、あの人のシーンも!そしてあの時のシーンも!と何度か鳥肌がたったが内容を書いてしまうわけにはいかないので割愛。
気付けば心の中で琴子が全国から呼び集めた猛者(=霊媒師)たちを熱く応援していた。

好き嫌いが分かれそうな作品ではあるが、個人的には「キャッチコピーに偽り無し」という感想。
こわいけど、面白い。
確かにそう思える作品だった。


「来る」2018年12月7日 札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他 全国東宝系で公開

キャスト
岡田准一 黒木 華 小松菜奈
青木崇高 柴田理恵 太賀 志田愛珠 蜷川みほ 伊集院光 石田えり
松たか子 妻夫木聡
監督
中島哲也
原作
澤村伊智「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫刊)
脚本
中島哲也 岩井秀人 門間宣裕
製作
「来る」製作委員会
配給:東宝
公式サイト
PG-12指定
上映時間 138分

©2018「来る」製作委員会

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報サイト From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。10月から毎週 木曜日 18:30-19:00の枠にお引越し。
error: Content is protected !!