2018年11月21日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

カメレオン俳優・安田顕が怪演「愛しのアイリーン」あらすじ 感想

 

幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。二人で歩む、地獄のバージン・ロード!

作品紹介

主演: 安 田 顕×監督:吉田恵輔×原作:新井英樹
ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる、行間なしのエモーション!未だに熱狂的なファンを持つ「ザ・ワールド・イズ・マイン」や、ドラマ化された「宮本から君へ」 で再び脚光を浴びる新井英樹の傑作漫画が史上初めて映画化される。監督は、原作を“最も影響を受けた漫画”と公言する吉田恵輔。
『ヒメアノ~ル』で日本を震撼させた吉田演出の集大成がここにある。主演は稀代のカメレオン俳優・安田顕。
伝説的な漫画の主人公を全身全霊を注いで怪演した。

ストーリー

一世一代の恋に玉砕し、家を飛び出した42歳ダメ男・宍戸岩男はフィリピンにいた。

コツコツ貯めた300万円をはたいて嫁探しツアーに参加したのだ。30人もの現地女性と次々に面会してパニック状態の岩男は、半ば自棄になって相手を決めてしまう。
それが貧しい漁村に生まれたフィリピーナ、アイリーンだった。

岩男が家を空けてから二週間。久方ぶりの帰省を果たすと、父が亡くなり、実家はまさに葬儀の只中だった。
これまで恋愛も知らず生きてきた大事な一人息子が、見ず知らずのフィリピーナを嫁にもらったと聞いて   激昂する母。ついには猟銃を持ち出し、その鈍く光る銃口がアイリーンへ・・・・・・・・!

戦慄の来訪記が幕を開ける−。ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。
日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがここに誕生!

試写の感想

バブル以前、日本人男性がフィリピン女性をお金で買い、国際結婚が話題になった。

最近のフィリピン女性は高学歴な方も多く、友達のフィリピーナに「ジャパ行き」について聞くと、昭和の時代に日本へ買われる女性たちがいたが、最近はジャパ行き女性の話は聞かないようで、ストーリーにスマホは登場しても、時代背景は昭和なのだろう。

岩男42歳の童貞男は、コミュニケーションスキルが低く、母親への依存が強い。性欲の塊で人を愛することを知らない。

欲望のままに行動する岩男、無邪気にお金で買われて来たフィリピーナのアイリーン、岩男を自分の様に愛しすぎる母・ツルの三者の戦いが繰り広げられ、ツルを演じた木野花の鬼母ぶりに狂気すら感じる。

岩男が汚く醜く気持ちが悪い。安田顕の演技は凄まじく、下ネタ全開で下品に演じきった。

今年6月公開、安田顕主演の映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」で安田顕の素敵な魅力を再発見したばかりだが、主人公・岩男は真逆のイカれっぷりを見せた。

伊勢谷友介が演じるヤクザは主人公・岩男よりマトモに見えてしまう。岩男かイケメンの悪ヤクザを選べと言われたら、迷わずイケメンヤクザをチョイスするだろう。

アイリーンと岩男の関係が、吊り橋効果としか思えない。お金で買われた関係に恋愛は生まれないのだろうか。物語は人間の底辺とエゴが埋め尽くされ、崩壊していく様子が映し出される。

アイリーン役のナッツ・シトイが、無垢で可愛らしく清純に見える。貧困のためお金で買われた花嫁に、共感はできないが同情する。

本作ポスタービジュアルの安田顕がモデル風に仕上がっているが、岩男は半端なくカッコ悪いので期待せぬよう!

試写の後で「ヤスケンが嫌いになった!」と言ってた女性がいたが、その意見に同調する。

戦慄のバイオレンス・ドラマ「愛しのアイリーン」はイヤキモな異色ラブストーリー。危険でキレた作品が好きな方におすすめしたいが、R15+のレイティングを覚悟の上で鑑賞ください。

予告動画

「愛しのアイリーン」9月14日公開

札幌シネマフロンティア、ディノスシネマズ札幌劇場 他公開

 

監督・脚本:吉田恵輔

原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)

出演:安田顕、ナッツ・シトイ、伊勢谷友介、木野花、福士誠治、河井青葉 

配給:スターサンズ

監督・脚本:吉田恵輔

原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)

音楽:ウォン・ウィンツァンロ ンド

主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲」 (WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)

上映時間:137分

レイティング:R15+

公式サイト

©2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)

 

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!