2018年8月17日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

トム・クルーズ主演 超大作アクション映画『 ミッション:インポッシブル/フォールアウト』8/3公開 試写の感想

作品紹介

トム・クルーズ主演の人気スパイアクション「ミッション:インポッシブル」シリーズ第6作。

シリーズを通して数々のスタントに挑んできたトム・クルーズが、今作ではヘリコプターを自ら操縦するアクションシーンで、アクロバット飛行にも挑戦した。
前作に続いてクリストファー・マッカリーがメガホンをとり、シリーズで初めて2作連続の監督を務めた。
共演はシリーズおなじみのサイモン・ペッグ、ビング・レイムス、前作から続けて登場するレベッカ・ファーガソンのほか、ウォーカー役で「マン・オブ・スティール」のヘンリー・カビルが初参戦した。

ストーリー

何者かに複数のプルトニウムが盗まれた。標的は<3つの都市>。
イーサン・ハントとIMFチームは、その”同時核爆発を未然に防ぐミッション”を受ける。猶予は72時間、だが手がかりは薄く、名前しか分からない正体不明の敵を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。

タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMFに立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェントのウォーカーで、イーサンは彼との対決を余儀なくされる。そして、いくつもの<フォールアウト(予期せぬ余波)>が絶体絶命のイーサン・ハントに降りかかるのだった・・・

試写の感想

大人気シリーズの第6作目。

数を重ねるごとに一層スリリングに展開されるストーリーとアクション。

だが新作が公開され前作を見直すも、それはそれで引けを取らない程に面白く、何度観ても飽きさせないシリーズでもある。

今まで毎回異なる監督が演出をしていたが、今回は前作に引き続きクリストファー・マッカリーが監督を務めていることも特徴の1つ。

彼は私の大好きな映画の1つ「ユージュアル・サスペクツ」でアカデミー賞脚本賞を受賞している。

また、イルサ役のレベッカ・ファーガソンも前作に引き続き出演。

女性ながらトム・クルーズ演じるイーサン・ハントに対抗できるシリーズ唯一と言っても過言ではない身体能力と精神力を兼ね備えたイルサ。

彼女の再登場はとても嬉しく、そして本作でも期待を裏切らない素晴らしいアクションを魅せてくれた。

まだ記憶に新しい「グレイテスト・ショーマン」では見事な歌唱力と美しさを披露しており、多岐にわたる才能が遺憾なく発揮されている。

また、「スーパーマン」で有名なヘンリー・カヴィルが本作主要人物の1人として出演している。

最近では「ジャスティス・リーグ」にも出演しており、長身と甘いマスクで華のある彼の演技にも注目したい。

見所を挙げればキリがないが、何と言ってもトム・クルーズのスタントである。

非現実的なアクションにも関わらず感情移入してしまう不思議な魅力の要因は、あくまで主人公は「人間」であり、アニメのヒーローではない「本物」だからだろう。

そして演者のトム・クルーズが既に50歳を過ぎているという事実も忘れてはならない。

どれほどアグレッシブなトレーニングを積み重ねたのか計り知れない。

また、今回は途中で足の骨折をしている。

完治に9ヶ月かかるという診断がありながら3ヶ月後には全力で走っていたという超人的な回復力。もちろんこれらも彼の努力の賜物であることは間違いない。

他に世界一の観光地であるパリで凱旋門やオペラ座をバックに繰り広げられるハイスピードなチェイスシーン、壮大なニュージーランドの山間絶景シーンは激しいアクションに反してうっとりするほど見惚れてしまう。

後半、瞬きさえ惜しくなるほど画面に釘付けになり、声を漏らしてしまいそうになるのを必死で堪え、手汗が溢れるほどの15分間を味わうだろう。

最後に、この映画は体感型であり、より一層楽しむ為にサブタイトルにある「フォールアウト」を意識しながら観ることをお勧めしたい。

予告動画

2018年8月3日(金) 

札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他にて公開

監督: クリストファー・マッカリー
キャスト: トム・クルーズ/サイモン・ペッグ/ビング・レイムス /レベッカ・ファーガソン/アレック・ボールドウィン/ミシェル・モナハン/ヘンリー・カヴィル

製作国:アメリカ
上映時間:148分
原題: Mission: Impossible – Fallout

配給: 東和ピクチャーズ

オフィシャルサイト

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

投稿者プロフィール

坂本早苗
坂本早苗
札幌市内で働くOL。
ストレス発散はテニスで体を動かすことと大好きなパンを求め全国のパン屋さんの情報収集。着る服は骨格診断を意識しています。
映画は年齢と共にミニシアター系が好みに。
沢山の映画と出会い、観て聴いて考えてお気に入りを探していきたいです。