2018年12月13日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

夏空みたいな恋、はじまる!! 『青夏 きみに恋した30日』 あらすじ 感想

作品紹介

【都会】と【田舎】。
出会うはずのなかった2人の<運命の夏休み>はじまる!

いまだけこの恋、期間限定。

「わろてんか」や「ブラックペアン」など話題作に引っ張りだこの、葵わかなと『3D 彼女  リアルガール』ほか5本の映画に出演するなど、今最注目の佐野勇斗のW主演作品!

ストーリー

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒は、地元の高校生・吟蔵と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。

吟蔵もまっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう―。わかっていても止められない想い。

吟蔵の幼なじみで婚約者の万理香や、理緒に想いを寄せる祐真たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たして恋のゆくえは―。

試写の感想

夏休みに田舎で蕎麦屋を営む、祖母の家に滞在することになった女子高生・理緒と、そこで出会った硬派でツンデレな酒屋の息子・吟蔵の青春恋愛ストーリー。

朝ドラ「わろてんか」で子供を育て上げた母親役が定着した葵わかなが、余裕の演技力で高校生・理緒を演じると、相手役の佐野勇斗のお母さんに見えてしまう。
母親のイメージを実年齢に近い19歳に戻すのは、まだ時間を要するかもしれない。

物語は、まさに現実ではあり得ない運命的な出会いからスタートする。やはり今どきの女子高生は、自分から恋愛をリードしていくのだろうか?

なかなか動かない草食系男子・吟蔵に恋し、自らの運命を自分の意思で変えていこうとする理緒。

夏休みの1ヶ月間、田舎暮らしの中で理緒と吟蔵が打ち解け、彼らの関係が進展していく。しかし吟蔵の幼馴染が、理緒の恋のライバルとして出現する…

全体的に夏祭りのような雰囲気で、夏と田舎暮らしはこんなに楽しい!が満載。とは言うものの、やはり大人の女性には共感しづらい少女漫画の世界。是非とも同世代の女子高生にこの夏スクリーンで鑑賞して、夏と恋愛の楽しさを感じ取ってほしい。

予告動画

 『青夏 きみに恋した30日』

8月1日(水)全国ロードショー

札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 他

監督:古澤健

出演:葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨            原作:南波あつこ「青夏  Ao-Natsu」(講談社「別冊フレンド」刊)
配給:松竹

上映時間:113分

公式HP 

©2018映画「青夏」製作委員会

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!