2018年7月20日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

生田斗真×瑛太共演!「友罪」5月25日公開 試写の感想

 

『64-ロクヨン-』監督×制作陣 再び集結!
魂を揺さぶる衝撃の問題作 遂に映画化!

ストーリー

ジャーナリストの夢に破れた益田。他人との交流を避ける無口な鈴木。
二人は町工場で出会い、同じ寮で暮らし始める。
「俺が死んだら悲しい?」「悲しいに決まってるだろ」
益田にとって他愛のないやり取りだったはずのそれは、鈴木の悲壮な思いを秘めた質問だった。 やがて少しずつ友情が芽生えてゆく二人。だが、ある事件をきっかけに益田は、鈴木が17年前の連続児童殺害事件の犯人だった “少年A”ではないかと疑い始める――。

試写の感想

あなたにはあるだろうか
決して許されない後悔が。

いるだろうか
破壊行動を抱えて生きる友が。

わかるだろうか
取り返しのつかない事をした子供をもつ親の気持ちが。

薬丸岳のベストセラー小説「友罪」
自らが「発表する時、喜びよりも先に恐れを抱いた」とまで告白する問題作である。
『64-ロクヨン-』など”人間の本質に迫る映画”を世に送り続ける瀬々敬久監督により、更に”生きる”という事に踏み込んだ作品になっていた。

元週刊誌ジャーナリストの益田(生田斗真)と鈴木と名乗る男(瑛太)のどこかいびつな友情。
そんな彼等のまわりに現れる人達がとても極端で、観ているだけで苦しくなってくる。
別サイドで繰り広げられるタクシードライバー・山内(佐藤浩市)や、男から執拗につきまとわれる女性・美代子(夏帆)、医療少年院に勤務する女性・白石(富田靖子)の話もやるせない。
中でも、この映画で思わず自分に置き換えてしまったのは山内だ。
(ちなみにこのレビューを書いているのは未婚で子供もいない女性なので何一つ共通点はない)
いつの間にか、山内の強烈な懺悔や頑なに幸せを放棄する気持ちに囚われてしまい心が疲弊してしまう。

それぞれが最後に出した答えは、決して悲しいものでは無かった。
ただ、あまりにも入り込んでしまい感情が回復するまでに相当な時間を要してしまった。

観る者にも覚悟がいる。
そんな作品だ。

 

予告動画

「友罪」2018年5月25日(金)全国ロードショー

監督: 瀬々敬久
キャスト:生田斗真 瑛 太 夏 帆 山本美月  富田靖子 佐藤浩市
脚本:瀬々敬久
原作:薬丸岳
上映時間 :129分
製作国: 日本
配給会社: ギャガ

公式サイト 

(c)薬丸 岳/集英社 (c)2018映画「友罪」製作委員会

投稿者プロフィール

兼平ゆきえ
兼平ゆきえ
映画・音楽・本 など 観たり聴いたり読んだりと忙しく過ごすのが好きなインドア派。恵庭発 北海道のMUSIC&ART情報誌 From E…代表。不定期で企画LIVEを開催。2018年7月から 恵庭市のコミュニティFM e-niwa にて、毎週 水曜日 14:00-14:30 映画や音楽の話を中心とした番組『From E…LIFE(フロムイーライフ)』を放送開始。