2018年11月21日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

福士蒼汰主演 アクション・エンターテイメント「曇天に笑う」あらすじ 感想

 

主演・福士蒼汰×監督・本広克行(『踊る大捜査線』『亜人』)
最強タッグで贈る<胸アツ>エンタテインメント大作!

映画紹介

人気コミック「曇天に笑う」が遂に映画化!

監督は『踊る大捜査線』シリーズなどを手がけたエンターテインメント作品の名手・本広克行。主演・福士蒼汰を はじめ、個性豊かで旬な若手俳優たちが、今までに見たことのない体当たりの演技に挑戦。仲間や家族の絆を守り、自らの使命を貫く姿を力強く演じきった。
サカナクションのアッパーな主題歌も世界観を鮮やかに彩り、観客も思わず胸が熱くなる最強のエンターテインメント作品がここに誕生!

ストーリー

「どんな時でも笑っていられる強い男になれ!」が信条のお調子者、曇天火(福士蒼汰)は、3兄弟の長男で、弟思いで人々から慕われていた。
どんな悪党にも負けない最強の男として村を守っている一方で、実は弟にも言えない秘密を抱えていた。

彼らの暮らす地では、300年に1度曇り空が続く日、世界を滅ぼす破壊の神・オロチ(大蛇)が復活し、人々に災いをもたらすという伝説があった―。
ついに曇り空が続き、オロチ復活がささやかれるある日、オロチの力を利用し、政府転覆を目論む忍者集団・風魔一族が村を襲い、明治政府と大闘争がおき、それに巻き込まれた天火の弟・空丸(中山優馬)は、命を狙われ捕らわれの身になってしまう。

弟を救うため、単身で風魔一族に戦いを挑む天火だが、仲間の裏切りに遭い絶体絶命の窮地に―。
果たして天火は愛する弟を守れるのか?そして彼が隠し続けてきた秘密とはー?
史上最悪の運命をひっくり返せ!奇跡の大逆転エンターテイメント!

試写の感想

「笑う門には福来る」
曇家の秘密を笑い飛ばし、弟たちには常に笑顔で強くいてほしい。兄・天火(てんか)の想いを知らず、真実を知りたくてモヤモヤする次男・空丸(そらまる)と天真爛漫な三男・宙太郎(ちゅうたろう)。

始まりは祭りのシーン。人々が踊り、歌い、楽しんでいる姿は、まるでよさこい祭りのように見えた。

彼らの運命を変えるのは、300年に一度、曇天の日々が続くときにオロチ(大蛇)が人間の体を利用して復活しすべてを滅ぼすという伝説。気が付くと、すでに曇天の日々となっていた。オロチの復活をもくろむ忍者集団「風魔一族」とオロチの破壊を目的に結成された「犲(やまいぬ)」、そして曇三兄弟と曇家の居候・白子(しらす)。男たちがぶつかり合うアクション・エンターテイメント映画に目が離せない。

長男・天火を演ずる主演の福士蒼汰は若手俳優の中でもアクションができる美男子。20人を相手にするシーンも本人が演じているので360°迫力のあるシーンを生み出されている。

本作は主要キャストが全員男性である。映画の世界観のファンタジーに加えて俳優陣のキャスティングも現実離れしたイケメンぞろい。ワンカットも見逃せない。

そこに加え、サカナクションが本作のために描き下ろした主題歌「陽炎」が、映像と音の絶妙なコラボレーション楽曲として作品を盛り上げている。

原作のコミックから舞台劇、アニメでも熱烈な支持を集めてきた曇天ワールドを実写映画化した本作でも楽しんでもらいたい。

予告動画

3月21日(水・祝)    全国ロードショー!

札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌   他

 

■タイトル:『曇天に笑う』
■原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
■監督:本広克行  ■脚本: 高橋悠也  ■音楽: 菅野祐悟
■主 題 歌:「陽炎」サカナクション(NF Records/ビクターエンタテインメント) 
■出演:福士蒼汰、中山優馬、若山耀人、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹、池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太/東山紀之

■配給:松竹
■上映時間 :94分

公式サイト:donten-movie.jp 
公式twitter:https://twitter.com/donten_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/donten.movie/

(c)2018「曇天に笑う」製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

投稿者プロフィール

Kieko
Kieko
「E.T.」を観て、自転車は爆走すると空を飛ぶと信じ、「グーニーズ」を観て、海には大冒険が待っていると信じていました。そんな私が今注目しているのはインド映画界ボリウッド。踊って歌って笑ってる・・・だけじゃない魅力もあるんです♪
error: Content is protected !!