2018年11月18日
  • 道内最大級の映画レビューサイト

スティーヴン・キング原作、ホラー小説の金字塔『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

 

全世界で空前絶後の大ヒットスタート!

  • 全米公開週 11 億 1700 万ドル=126 億 3600 万円を記録!     
  • ホラー映画オープニング 歴代
  • スティーヴン・キング実写化作品 歴代 1位
  • 2017 年公開映画オープニング 3位

『美女と野獣』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に次ぐミラクル大ヒット!

  • イギリス、ブラジル、ロシア、オーストラリア、オランダなど 46 の国と地域で、ホラー映画の新記録を樹立、チャート 1 位獲得!
  • Rotten Tomatoes 批評家 87%、観客 89%の評価獲得

※日本時間 9 月 11 日 AM8:00 時点

 

作品紹介

全米史上最恐のトラウマとなったスティーヴン・キング原作が映画化

ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、これほど恐れられた作品はない。

「IT」――それは発刊以来 30 年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた。そんな傑作小説を、ギレルモ・デル・トロ製作総指揮の新感覚ホラー『MAMA』で監督を務め、頭角を現した俊英アンディ・ムスキエティが映画化。『キャリー』『シャイニング』『ミザリー』と、キング小説はこれまでにも多くの傑作映画を生み出してきたが、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、まさしくその決定打だ。

ドラマの肝となるのは、子供時代の底知れぬ恐怖心。誘拐、殺人等の現実世界での事件に加え、殺人ピエロやクリーチャー、鮮血などの現実とも幻想ともつかぬ衝撃的なビジュアルが刻み込まれる。

それらに直面した子供たちの心理的圧迫は、観客の心理とシンクロして緊迫感を盛り上げずにはおかない。また、世にもおぞましいこの世界が子供にしか見えないという設定には寓話的な深みがあり、そこに宿る大人と子供の世界の違いを見据えたリアルな視点により、本作はキング原作映画らしい観ごたえ満点の傑作となった。

史上最多の再生回数を記録した予告編。実際にピエロが出没する怪奇現象も続発。

予告編がインターネット上でアップされるや、『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24 時間で 1 億 9700 万回という史上最多の再生回数を記録(2017 年 3 月 31 日時点)。それとともにアメリカでは、実際に町にピエロが出没するという奇妙な現象が相次ぎ、影響力の大きさをうかがわせた。スティーヴン・キング本人が「この映画は大きな話題になる」と太鼓判を押した本作。日常を侵食する“それ”は最恐のトラウマになる!

 

 

ストーリー

静かな田舎町にとり憑く恐怖。相次ぐ子供の失踪事件。

一見、平和で静かな田舎町を恐怖が覆い尽くす。子供の失踪事件が多発していたのだ。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、行方不明の弟を案じるビルの前に、“それ”は突然現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。

しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子供たちも“それ”に遭遇していた。自宅の地下室、バスルーム、図書館、そして町の中……。何かに恐怖を感じるたびに“それ”は、どこにでも現れる。神出鬼没、変幻自在の“それ”からは、決して逃れられない……。

ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意。“それ”の正体とは何か? その目的は? 消えた子供たちはどこに行ったのか?  真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた……。

試写会の感想

1990年に映画化され、2017年にリメイクとなった本作。アメリカ国民にとって、トラウマを与えられた原作。
ホラー映画が大好きなアメリカ人の国民性とマッチし、全米興行成績1位(2017年9月)を獲得した。

物語の舞台は1980年後半のアメリカ・メイン州デリー(架空の場所)という小さい町。しかし子供の失踪事件や悲惨な事故が全米平均の6倍という異常な数字で、町には不気味さが漂う。

スティーヴン・キング・キングの原作だから、ホラーというよりスリラーサスペンスかな?と高を括っていたが、冒頭からホラー映画ならではの、ショッキングな映像に身体が硬直し、心拍数を容赦なく上げてくる。

1980年代後半に青春時代を過ごした私は、映画『IT』の映像や音楽でノスタルジックな気分になる。

当時大ヒットした、ボーイズグループ『ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック』の話題が登場し、紅一点の美少女キャラクター・ベバリーのクルクル巻き髪のショートカットは、80年代後半に流行ったヘアスタイル。イジメっ子のヘアスタイルはウルフカットと、どれも懐かしい。

スティーヴン・キング・キング原作の非ホラー小説『スタンド・バイ・ミー』や、1976年のホラー映画『キャリー』を連想するシーンが『IT』に登場し、中学生の少年少女たちが、複雑な家庭環境のなかで築いた仲間との友情が、ホラー映画を超えた大きなテーマとなっている。

殺人ピエロ「ペニーワイズ」はメイン州デリーの下水道に潜伏している。ピエロの赤い風船に関わった町の子どもたちが、次々と行方不明となる。まったく衛生的ではない下水道のシーンでは恐怖が炸裂する!!

ピエロの姿をした殺人犯の事件が実際にあったアメリカでは、ピエロ=怖い!というイメージがある。残念ながら日本人にはピエロの怖さは伝わりにくいが、殺人ピエロ「ペニーワイズ」の表情が怖い!まるでエイリアンのように柔軟に動く、その口が悍ましい。仲間と引き離して、一人ずつ襲うというホラー映画独特の手法が憎らしい。

殺人ピエロ『ペニーワイズ』と闘うのは、中学生7人組である。彼ら個人では学校のイジメっ子たちと対抗するには弱すぎるし、当然ながら姿を変えて姑息に追いかけてくるモンスターと闘うなんて論外である。

弟を失ったイジメられっ子の主人公ビルと、仲間のルーザーズたちが力を合わせて、町を救おうとする固い意志と友情。それぞれが勇気を持ち成長するのだ。

ベッドの下や、暗い物置には何かがいると妄想する怖さを刺激する本作。
ルーザーズの仲間同士の信頼、人間性、愛情が見られ、子どもたち頑張れー!とエールを送りたくなる、そんなステキなホラー映画、私は結構好きです。

予告動画

製作/キャスト

■『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
■R15指定
■原題:IT
公式サイト
■ハッシュタグ:#イット見えたら終わり
■上映時間 2時間15分
■配給:ワーナーブラザーズ


11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

監督・脚本:アンディ・ムスキエティ
出演:ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリスほか

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Reviewを立ち上げ、新作映画の最速レビューサイトとを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
道内最多試写鑑賞数を誇る、映画レビューライターです。FMラジオ番組に最新映画紹介で生出演をしています。
error: Content is protected !!