• 道内最大級の映画レビューサイト

スラムのガキから王になれ!究極の下克上!ガイ・リッチー監督作品【キング・アーサー】

作品紹介

映画・小説・マンガ・アニメなど影響下にある作品は数知れず。特にゲームの世界では“アーサー”は戦う男の代名詞であり、アーサーが手にしている伝説の武器“聖剣エクスカリバー”こそ、史上最強の剣と言えよう!
そのキング・アーサーの“誕生秘話”を、『スナッチ』『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督が斬新な映像と圧倒的なスケールで描き出す。
アーサーを演じるのは『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナム。アーサーの叔父であり、宿敵のヴォーティガンには『シャーロック・ホームズ』のジュード・ロウ。アーサーの父である悲運のペンドラゴン王には『スター・トレック』のエリック・バナなど、豪華キャストが集結。
戦国の世で、どん底からのし上がっていく男の下剋上エンターテイメントを、ハリウッドでしか作れない圧倒的なスケールと斬新な新感覚のソードアクションで描き切る!

ストーリー

その一振りで頂点に立て!新感覚ソードアクション!

両親を殺され、スラムの売春宿で貧しく生き抜いてきた青年アーサー。彼はまだ、自分の偉大なる宿命に気づいていない。
アーサーの正体は、かつてのイングランド王の一人息子。暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)は兄であるユーサー王(エリック・バナ)に謀反を起こし、殺害。ユーサー王は絶命する寸前、まだ幼かったアーサーを船で逃がしたのだった。
過酷な環境で鍛えられながら成長し、優しくタフな男として仲間の信頼を集めていたアーサー。やがて聖剣エクスカリバーを手にした彼は、自らの過去、そして亡き父に代わり王の座を奪還するという運命を知ることになる――。勇気ある仲間たちの力を借りて立ち上がった彼は、果たして宿敵ヴォーティガンを倒し、頂点の座に上り詰めることができるのか――!?

感想

兄であるイングランドのユーサー王を殺す暴君役に、イギリスの名優ジュード・ロウ。イケメンぶりは健在かと思いきや、若干の劣化は否めない。主人公役のチャーリー・ハナムは「パシフィック・リム」で一躍スターダムに上がった。マッチョな姿が凛々しく、スラム育ちでも気品のあるアーサーを演じている。

物語は伝説のソード・エクスカリバーという、RPGゲームには欠かせない典型的な名前の剣で、悪魔的な力を持つ叔父に両親の敵を討つ、アーサーの下克上物語。暴君ヴォーティガンは、自己のエゴを実現させるために、王である兄を殺害し、アーサーの命をも狙おうとする。それは偏に、兄に代わって権力を自分のものとするため。

男って何故、肩書やポジションにこだわるのだろう?命を掛けてまで家族を滅ぼす程のことなのか?と冷静に観てしまうのは女性目線のせいか…大事なものを奪って口封じをさせたり、立場を奪い嫌がらせするなんて、本当に男として最低だ…と、暴君ヴォーティガンのような、身近な人物を思い出し怒りすら感じる。

ガイ・リッチー監督が目指したのは、まさしくRPGゲームの世界観。闇の力を借りる卑怯な男ヴォーティガンと、石から剣を引き抜き真のヒーローとなる、王の後継者アーサー。叔父と甥が容赦なく戦う様子と、アーサーをサポートするメイジ(魔術師)の存在、まるで神話で伝えられた物語の一部のようだ。アーサーが剣を振り、敵を倒すシーンはほとんどビデオゲーム。物語はスッキリとした勧善懲悪もので、RPGゲームが好きな方にお勧めのソードアクション。

映画『キング・アーサー』本予告

■原題
KING ARTHUR : LEGEND OF THE SWORD

■オフィシャルサイト

http://king-arthur.jp

■配給
ワーナー・ブラザース映画

■上映時間
126分

■監督
ガイ・リッチー

■キャスト
チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ジャイモン・フンスー、エイダン・ギレン、エリック・バナ

© 2017 WARNER BROS. ENT. INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENT. LLC

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!