• 道内最大級の映画レビューサイト

『ひるなかの流星』永野芽郁 三浦翔平 白濱亜嵐 あらすじ 感想

【イントロダクション】

“初恋のバイブル”として絶大な人気を誇る、
累計212万部突破の大人気コミックが、待望の映画化!
主人公・与謝野すずめを演じるのはドラマ、映画、CMなど
話題作への出演が相次ぐ2017年注目度NO1女優・永野芽郁

そしてティーンからの絶大な人気を誇る三浦翔平
白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)の2人が、
担任教師とクラスメイトとして、
すずめを交えて“かつてないピュアな三角関係”を繰り広げます。

メガホンをとるのは『潔く柔く』『四月は君の嘘』で
青春恋愛映画の新たなスタンダードを創り上げた新城毅彦監督。

はじめて人を好きになった瞬間。はじめての告白。
はじめての失恋。そしてはじめての・・・

誰もが経験する「初恋」のすべてが詰まった
≪胸キュン度200%≫のラブストーリーが誕生します!

あらすじ/ストーリー

田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめは、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師・獅子尾に、今までに経験したことのない想いを募らせていく…「わたし、先生のことが好きです」。すずめの真っ直ぐな気持ちを受け止めながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。
そんななか、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村から告白される。果たしてすずめの初恋の行方は…?

 

試写会の感想

少女漫画原作には共感しづらい年齢の私には、心には響かない映画と思っていた。しかし主人公すずめとイケメンの獅子尾先生、イケメン同級生の馬村の三角関係にかなりドキドキした。

獅子尾と馬村、客観的に観てどちらに転んでも幸せだとは思うが、ふたりの間で揺れ動くすずめの恋愛は波乱の予感。獅子尾先生にチュンチュンと呼ばれ、頭を無防備に撫でられる…そしてすずめの気持ちは獅子尾先生へと向かっていく。大人な男性に憧れる典型的な初恋現象。

同級生・馬村に告白されて、気持ちがグラつくすずめ。ストーリーの結末で、すずめはどちらを選ぶのかー?

女性なら誰でも憧れるキラキラな展開を楽しんで観ることができた。個人的には生活力もあり教師という安定した職業の獅子尾先生は、子供っぽく自活できていない高校生の馬村よりもタイプだけれど、世の中の女性はどちらがタイプか?気になるところだ。

映画のロケ地は、物語の舞台である東京・吉祥寺を中心に、長野県の八ヶ岳高原、蓼科高原、新潟県の妙高高原、八景島シーパラダイス、そして栃木県足利市とバラエティに飛んだ撮影場所。

NHK 朝ドラ「半分、青い。」永野芽郁が演じる、ヒロイン・与謝野すずめの透明感ある凛とした美しさが、スクリーンの中で際立っていた。

 

キャスト・スタッフ

・永野芽郁 ・三浦翔平 ・白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)

・原作:やまもり三香「ひるなかの流星」(集英社マーガレットコミックス刊)
・監督:新城毅彦
・脚本:安達奈緒子

■公式サイト: http://hirunaka.jp/

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)やまもり三香/集英社

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意。FMラジオでの映画紹介を経てからの映画ライターと本Webサイトのデザインを担当。
error: Content is protected !!