• 道内最大級の映画レビューサイト

『スター・トレック BEYOND 』ハイスピード・アクションがスクリーンを駆けぬける!あらすじ・感想

■ かつてないスケール。未体験のアクション。

壮絶アクションに本物の車を使用したリアルなカークラッシュ、究極のエンターテインメント超大作として大ヒットを続ける『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督と、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で全米興行収入歴代NO.1を樹立したことも記憶に新しいJ・J・エイブラムスが初タッグを組んだ!前代未聞のアクションが空前のスケールで展開される。脚本は前作に引き続き、スコッティ役として本作にも登場するサイモン・ペッグと共にダグ・ユングが務める。クリス・パイン、ザッカリー・クイント、カール・アーバン、ゾーイ・サルダナ、アントン・イェルチンらお馴染みのメンバーも続投!さらに新キャストとして、イドリス・エルバ、ソフィア・ブテラが出演。

■ すべてを賭けた、最後の戦いが今はじまる。

未知の星に不時着した宇宙船救出ミッションに出発したエンタープライズ号。このミッションを最後にして、キャプテン・カークは<ある決断>を胸に秘めていた。しかし到着直前、無数の飛行物体によって急襲を受け、エンタープライズ号は撃破。仲間は散り散りになってしまう。果たして何が起こっているのか。その目的とは―?たった一人見知らぬ土地に投げ出されたカークの限界を超えた戦いの幕が開く!

======================================

試写会の感想

製作のJ・J・エイブラムスと監督: ジャスティン・リンがタッグを組めば言わずともスピード感重視のアクション大作になると想像がつくだろう。

キャプテン・カークやドクター・マッコイ、そしてミスター・スポック。TVでお馴染みのキャラ達を演じる俳優たちが、年齢を得たせいか、よりTVシリーズのキャスト達に雰囲気が似てきたと思う。

エンタープライズ号が敵と遭遇し戦闘するシーンでは、懐かしのシューティング・ゲームの『ギャラガ』を思い出した。敵の動きがが早くて目が追いつかない映像に、CG満載の戦闘シーンの進化を見た。

ロシア人乗組員チェコフ役の人気俳優、アントン・イェルチンが2016年6月に事故で他界したため、残念なことにこの作品が遺作となっている。

昔からSF映画に出てくる敵の目的は人類滅亡というパターンが多い。この辺の設定は『スタートレック』のTVシリーズの時代からあまり変化が無いので、古き良き時代を知る方にも楽しめる映画である。

『スター・トレック BEYOND 』

製作: J・J・エイブラムス 監督: ジャスティン・リン 脚本: サイモン・ペッグ、ダグ・ユング

出演: クリス・パイン、ザッカリー・クイント、カール・アーバン、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、ジョン・チョウ、

アントン・イェルチン、イドリス・エルバ、ソフィア・ブテラ

原題:STARTREK BEYOND

(c) 2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc.

■公式サイト: http://startrek-movie.jp/

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意です。FMラジオ番組で最新映画紹介の生出演をしています。
error: Content is protected !!