• 道内最大級の映画レビューサイト

シアーシャ・ローナン主演『ブルックリン』あらすじ 感想

ブルックリン 原題:Brooklyn

Brooklyn_LOGO_カラー

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ち
ふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語

アカデミー賞®作品賞、主演女優賞、脚色賞ノミネート!

Main_3B_03517_2K3A0370

アイルランドの作家コルム・トビーンが書いた小説『ブルックリン』が映画化。
(コスタ文学賞を受賞し、日本でも翻訳された青春恋愛小説)
アイルランド片田舎から母と姉とともに仕事を求めてニューヨークブルックリンへ向かう主人公エイリス。
仕事にも恋にも懸命に生きるアイリーシュの物語。

Sub5_BK_1239 (2)

ストーリー

アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。
高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。

Emory Cohen as "Tony" and Saoirse Ronan as "Eilis" in BROOKLYN. Photo by Kerry Brown. © 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。
そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

Sub1_B_002_2K3A2280

試写の感想

エイリシュの女子力アップと恋愛で揺れる女心をベースにした物語は、地味で大人しく内気な主人公が、ニューヨークで素敵なレディへと変貌する様子を描いている。

エイリッシュのレトロでクラシックモダンなファッションの黄色のワンピースや太ヒールのシューズ、洗練されたヘアスタイルとメイク。ニューヨーカーになったエイリッシュは素敵で輝いて見える。

悲報によりアイルランドに帰郷後、ニューヨークとはまた違った有意義で華のある人生を過ごし、女性は自信を持つとこんなにも美しく変化するのか?と誰もが思うはず。

アメリカとアイルランド2つの故郷、そしてふたりの男性の間で揺れ、打算的な側面も見せるエイリッシュ…ドラマティックな一人の女性の生き方を伝える作品である。

2K3A7037.jpg

ブルックリン 予告編

 

Sub4_B_091_2K3A8183

監督:ジョン・クローリー『BOY A』(08)

脚本:ニック・ホーンビィ『わたしに会うまでの1600キロ』(14)

原作:コルム・トビーン

キャスト

Saoirse Ronan as "Eilis" in BROOKLYN. Photo by Kerry Brown. © 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

上映時間 112分 製作年 2015年 映倫区分 G 製作国 アイルランド・イギリス・カナダ合作 配給 20世紀フォックス映画 公式サイト

©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

投稿者プロフィール

佐藤 友美
佐藤 友美
2013年にHokkaido Movie Review・新作映画の最速レビューサイトを立ち上げ『映画レビューサッポロ from HMR』として2017年10月にwebを一新。
旅好きで映画ロケ地のツアー取材が得意です。FMラジオ番組で最新映画紹介の生出演をしています。
error: Content is protected !!